舌回しの効果

健康習慣舌回し効果
舌回しshitamawashi

簡単だけど効果絶大!? - 舌回しの効果と効能について

舌回しの効果

舌回しの効果や効能をお伝えしていきます

舌回しは、ほうれい線予防や小顔効果など美容面に期待が寄せられる口元のエクササイズですが、この他にも舌を動かすのに関わる様々な部位に良い影響を与えられます

歯科医師が考案したこの舌回しは、道具を使わず年齢も関係なく、時間や場所も好きな時に行えるので長く続けやすいメリットがあります。

ここでは、そんな舌回しの効果や効能をご紹介していきます。

ほうれい線対策や小顔効果 - 二重あごを引き締め血色もアップ

女性の口元のアップ画像

舌回しは、ほうれい線を目立たなくさせたり、顔をスッキリとさせる効果があるため、表情を明るく見せることができます。

舌回しをすることで、ほうれい線に関わる筋肉を鍛えて、たるんだ頬を引き締しめるので、ほうれい線を目立たなくさせることができます。顎下や顎周りの贅肉も落として顎のラインをシャープにするので、二重あごの改善や予防に有効です。

さらに、血液やリンパの流れを促す効果も舌回しにはあるため、むくんだ顔をスッキリとさせて血色を良し、顔色のワントーンアップが望めます。

骨格は変えられませんが、舌回しではむくんだり贅肉や脂肪がついた輪郭は引き締められるので、小顔効果を発揮できます。

舌回しで唾液の分泌促進 - 虫歯やドライマウスの予防や改善で口臭予防

手で口を隠す画像

舌回しには、虫歯やドライマウスを防いで口臭予防に効果があります。

舌回しでは唾液の分泌が促されるので、唾液の殺菌作用によって虫歯やドライマウスを予防でき、簡単なセルフケアが行えます。

舌をゆっくり動かすと唾液腺が刺激されて多くの唾液が出てくるので、このような効果や効能が得られます。

口臭の原因は口の中の環境や食べ物と様々ですが、さらさらとした唾液が上手に分泌されると、口腔内のバクテリアの繁殖を抑えられるので、口臭を軽減させられます。

また、唾液にはウイルスや細菌の増殖を抑える働きもあるため、風邪の予防にも有効と言えるでしょう。

いびきを改善 - 睡眠の質アップ!翌日の寝覚めや疲労に影響

睡眠中の女性

いびきの改善や睡眠の質を向上も、舌回しに期待できる効果です

いびきの原因には元々の顎の大きさや肥満などがありますが、舌の筋力の低下も一つの要因です。

仰向けに寝ると舌のつけ根が喉の奥へと下がり気道が狭くなります。気道は呼吸をした時の空気の通り道なので、ここが狭くなると粘膜が大きく振動していびきが起こります。

加齢に加え日常的に噛む回数が少ないと、徐々に舌の筋力は衰えてきます。舌回しは舌の筋力をアップをして、舌を正常な位置にキープできるので、いびきを軽減させられるのです。

いびきが緩和されると睡眠の質が上がり快適な眠りを得られるので、翌朝の目覚めの良さや疲労の回復につながります。

舌の筋肉を強化 - 誤嚥防止や咀嚼力のアップ・滑舌も良くなる

サラダを食べている女性

舌回しの効果や効能では誤嚥防止や咀嚼力のアップ、滑舌を良くすることも可能です。

舌は食べ物を飲み込むと気管に入らないように、喉頭蓋(蓋の役割をする部位)が気管の入り口を塞ぎますが、舌の筋力が劣ってくるとこの機能がうまく働きません。

また、発声や発音は舌の動きが重要です。舌には形を変える筋肉と位置を変える筋肉がありますが、加齢や噛む回数が少ないと、舌の筋力は徐々に衰えてきます。

舌回しで舌の筋力を高めると、食べ物は正しく食道に送られるので誤嚥防止になり、舌がしっかりと動けば滑舌も良くなります

また、意外なことに舌回しには、噛む力もアップさせることができます。これは食事に必要な、顎や口の中、唇、のど、頬、首、頭などにつながっている筋肉を同時に鍛えられるためです。

咀嚼力の衰えや誤嚥は年配の方のイメージが強いですが、若いうちから対策しておくのが重要ですね。

舌回しの一日の回数や正しいやり方は? - デメリットや注意点はある?

指で頬を挟む女性

舌回しの一日の回数は、一回20回を1日3回行います。大切なのは、早く動かして回数をこなすのではなく、ゆっくりと舌を動かすのがポイントです。

やり方は、口を閉じて舌で頬を内側から押し上げつつ、前歯の外側の歯茎をなぞるように動かし、反対側の頬を押し出すように下の歯に移動して外側の前歯をなぞります。一周したら反対周りも同様に行います。

舌の付け根が疲れるぐらいの力加減で行うと効果が表れます。

また、デメリットや注意点も気になるかと思います。やりすぎると筋肉痛になって口が開けづらくなったり、舌が歯にあたって口内炎ができることがあります。

やりやすい方ばかり行わず左右均等に舌を回し、舌に怪我をしていたり口内炎ができている場合は控えてください。

美容や健康維持に素晴らしい効果を発揮しますが、回数はあくまでも目安です。無理をせずに自分のペースで行うようにしましょう

関連コンテンツ

関連記事