健康習慣水泳効果
水泳swimming

水泳の効果 - カラダに負担をかけにくい全身運動

水泳の効果

水泳は優れた全身運動です。

水泳は浮力によって膝などの関節に無理な負担をかけることなく、そして、水の抵抗力によって体中くまなく鍛えることができる運動です。

カラダに負担がなく全身をくまなく鍛えることができるのは魅力的ですね。ケガなどのリハビリにも使えそうです。

それでは、水泳がもたらす効果や効能をひとつひとつ見てみましょう。

水泳でお腹と太ももの同時ダイエット - 平泳ぎが効果的!

肥満の人と体重計の画像

運動不足で肥満が目立つ個所と言えば、お腹と太ももがあります。

しかし、通常の方法でそれらの部位の贅肉を落そう思うと、かなりの時間がかかってしまうものです。

しかし、全身運動である水泳であれば、それを効率よく行うことができます。

特に、平泳ぎは腹筋と太ももの筋肉を重点的に使用する運動なので、ダイエットの際にはおすすめです。

肩甲骨をバランスよく鍛えて肩こり解消 - クロールがおすすめ!

肩を抑える女性

日常生活ではどうしても利き腕の力に頼りがちですが、水泳では左右の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

水泳の中でもクロールは、普段あまり使わない肩甲骨を大きく回すので、姿勢が正されて血液の循環がよくなるのです。

これは、運動不足によって引き起こされる肩こりの解消につながります。

また、水泳は質の高い有酸素運動です。筋肉に溜まった乳酸を燃焼させる働きもあり、これも肩こりにとってよい効果をもたらすでしょう。

心肺機能を高める効果 - 生活習慣病の予防、血流を改善

心臓のイメージ画像

心肺機能とは、呼吸で酸素を全身へと巡らせる力のことです。

水泳は一時的に呼吸を止め、水面に顔を上げた時に一気に酸素を取り入れるスポーツなので、長く続けることによってこの心肺機能が高まっていきます。

そうすると、冷え症や肩こりなど血の巡りが悪いことが原因で引き起こされていた症状が、改善されることが期待できるでしょう。

そして、同時にそれは、生活習慣病の予防の役割も果たします。

なぜなら、心肺機能を高めて血行を良くするということは、血が詰まりにくくなるということ。

つまり、脳梗塞や狭心症などのリスクを下げることを意味するからです。

水に浮かんでストレス解消 - カラダに負担をかけにくい

誰もいないプール

水泳はただ浮かんでいるだけでも、リラックス効果を得ることができます。

そして、浮力によって関節などに負担をかけずに運動ができるので、無理のない心地よい疲労を得ることができるのです。

ほどよい疲労感は質の良い睡眠を誘い、気持ちの良い眠りはストレスの解消をもたらします。

また、水の中にいる時、人はあまり他のことを考えずに一心不乱に泳いでいるはずです。

この頭を空っぽにする行為もストレス解消に良い効果をもたらします。

体と心のリフレッシュに水泳は最適な運動のひとつだと言えるでしょう。

関連コンテンツ

関連記事