代謝を上げる方法

テーマ別 健康 > 代謝を上げる方法3選

代謝を上げる方法3選 - 太りにくいカラダを作ろう

代謝を上げる方法

いつもと同じ量を食べているのにもかかわらず、なぜか太りやすくなったと感じることはないでしょうか。

思い当たる人は、もしかしたら代謝が落ちているのかもしれません。代謝が高いと何もしていなくても消費エネルギーの増加が期待できるので、太りにくい体質になる可能性が高まります。

しかし年齢を重ねるうちに代謝は落ちてしまいますので代謝を上げるように努力するのが大切になるのです。

そこで今回は代謝を上げる方法について3種類紹介していきます。

「冷え」はダイエットの敵!体温を上げよう!

体温計のアップ画像

代謝を上げる方法として挙げられる1つ目は「体温を上げること」です。

体温を上げると血液やリンパが流れがと良くなるため、ホルモンの働きが活性化し基礎代謝を高めることが期待できます。

逆に体温が低い状態になるとカロリーが消費されずに内臓脂肪に変化し、太る可能性が高くなるでしょう。特に冷え性の人や体温が35度台の人は代謝が落ちている可能性があります。

体温を1度上げれば代謝量も13~15%上がるとされているため、体温を上げるのはとても大切なのです。また、体温を上げると免疫力もアップします。

体温を上げるには冷たい食べ物や飲み物を減らし白湯などの温かいものを飲むようにすると良いでしょう。また根菜類も体温を上げるのに有効な食品といえます。湯船に浸かるという方法もおすすめです。全身が温められますので、自然に体温が上昇します。

カラダを柔らかくしよう!カラダが固いと太りやすくなる?

室内でストレッチをする女性

代謝を上げる2つ目の方法は「カラダを柔らかくする」ことです。

カラダが固いというのは筋肉が固まっているという状態です。この状態が続くと代謝を補助する血液やリンパ液の流れを悪くするため、太る原因となります。

徐々に柔らかくできれば血液の流れがスムーズになり酸素や栄養の循環が良くなる傾向です。そのため代謝が上がるだけでなく、冷え性の解消にもつながるのでおすすめといえます。

カラダを柔らかくするにはストレッチがベストです。ハードな運動ではありませんから、いつでも誰でも気軽にはじめられるでしょう。

ポイントは「毎日行う」ということです。継続してストレッチ運動を行えば、カラダが徐々に柔らかくなり代謝が上がります。

またストレッチをするタイミングとしてはお風呂あがりに行うのが最適です。カラダが温まっているので、より柔らかくすることが期待できるでしょう。

関連記事:【ストレッチの効果】日課にしたいストレッチの優れた効果4選

「運動」で代謝を改善!筋トレや有酸素運動効果的?!

女性がスクワットをする様子

3つ目は「運動」です。代謝上げる方法として最もポピュラーであり、効果も期待できます。

まず行いたいのが筋トレです。筋肉がつくと自然と代謝が上がりますので、太りにくいカラダになります。

しかし筋トレ経験があまりないという女性は多いかもしれません。そのため効率良く筋肉をつけるのが大切です。

筋トレを行う場合は面積の大きい筋肉から鍛えるようにしましょう。部位としては太ももや腹筋、背筋です。太ももを鍛えるにはスクワットがおすすめ。

また腹筋は仰向けの状態から上半身を持ち上げる運動、背筋はうつ伏せの状態から引き上げる運動です。このとき筋肉が動いているのを意識して行うと効果が高まります。10回を3セットのように回数を設定して行うようにしましょう。

靴を履いた脚のアップ画像

筋トレと一緒に有酸素運動を取り入れるのも効果的です。心臓や肺を鍛えられるので代謝を上げられますし高い脂肪燃焼効果も期待できます。また筋トレと一緒に行うことで、より高い脂肪燃焼が期待できますので、おすすめです。

有酸素運動の方法としてはウォーキングジョギング水泳などが挙げられます。ただし15分以上継続しないと体中にある糖質がエネルギーとして使われないため、脂肪の燃焼が望めません。長時間できるだけ有酸素運動をするようにしましょう。

短期間ではダメ!継続して行おう!

ノートに書き込む様子の画像

代謝を上げるために重要なのが、継続して行うということです。短期間では効果は期待できませんし、途中でやめてしまえば元の状態に戻ってしまいます。

また年齢を重ねると代謝は悪くなるので何もしない状態が続くと徐々に太ることになります。

大切なのはできる範囲で毎日続けるということです。無理な運動や食事制限をするのではなく、できるものを継続することが重要といえます。

また好きな方法を探すのも必要です。毎日行うためには「自分がやりたい」と思える内容ではないと、なかなか続けられません。代謝を上げる方法は数多くありますから自分に合った方法を探してみても良いでしょう。

「体温」「柔軟」「運動」の3つを意識して、太りにくいカラダを作って代謝を高めていきましょう。

関連コンテンツ

関連記事