もやしの美味しい食べ方

セルフケア特集 > もやしの美味しい食べ方は?

もやしの美味しい食べ方は? - 栄養もしっかり摂れるおすすめの食べ方

もやしの美味しい食べ方は?

家計の味方!もやしのおいしい食べ方をご紹介したいと思います。

もやしは人工的に生産されるため、年間を通して価格が安定し、食材としては非常に安価に手に入ります。そして、クセの少ないもやしは季節に関係なく、一年を通して様々な食べ方ができる食材です。

豆を発芽させているので、ビタミンやミネラル食物繊維も含む野菜で、中でも、大豆もやしの豆の部分にはビタミンEレシチンをみ、さらに栄養のバランスが良いのです。

ここでは、もやしの美味しい食べ方のレシピや保存法についてご紹介します。

「もやしと蒸し鶏のキムチあえ」のピリ辛で!

もやしと鶏肉ときゅうりの和え物の画像

ピリ辛でヘルシーなメニューをご紹介します。棒棒鶏のアレンジですね。

鶏肉の食感とキュウリのみずみずしさが加わるこの食べ方は、もやしの存在が際立つ一品です。もやしを電子レンジで加熱することで、よりシャキシャキの食感を楽しめるうえに、水溶性の栄養を逃がしません

材料(2人分)は、もやし1袋、キュウリ1本、鶏胸肉1枚、キムチの素か中華ドレッシングを適量使います。調理時間の目安は15分から30分(冷蔵時間含む)です。辛いものが苦手な方は中華ドレッシングの方が良いでしょう。

まず、鶏胸肉を蒸すか煮て火を通したら、なるべく熱いうちに細かく裂いておきます。もやしは鶏肉に火を通している間に、電子レンジで500wで2、3分加熱し水気を切っておきます。

次に、キュウリをもやしと同じ幅に細切りにします。ここでのポイントは、全ての食材を同じような大きさにすることです。

もやし、キュウリ、蒸鶏をあえてから冷蔵庫で15分ほどなじませます。すぐに食べても良いのですが、少し冷やすと食感が締まります。食べる直前にキムチの素を全体に混ぜ込みます。

鶏肉のゆで汁はスープに利用できます。鶏肉の栄養もしっかりといただきましょう。

「もやしと豚肉のナムル」でスタミナチャージ!

もやしと豚肉のナムルの画像

もやしはさっぱり野菜系のレシピには最適な食材のひとつですが、ボリューム感のあるスタミナ系レシピでも大活躍です。ここでは、もやしに豚肉とニラを使った食べ方を紹介します。

ダイエット中であっても、バランスの良い食べ方は重要です。体力の消耗を感じたら、タンパク質を含むお肉も一緒に食べるようにしましょう。

そういうときには鶏肉と並んで豚肉もおすすめ、特に豚肉ともやしは相性バツグンです。

材料(2人前)は、もやし一袋、豚肉100g、ニラ1/2把、にんにく1片です。調味料は、塩、ごま油、炒りごまは各小さじ1杯、コショウ、唐辛子各少々を使います。調理時間の目安は15分です。

豚肉ともやしとニラを茹でます。豚肉はあまり茹ですぎると固くなるので様子を見みて、野菜はサッと茹でましょう。茹で上がったらザルに上げるかキッチンペーパー等で水気を取ります。

次に調味料をすべて合わせてタレを作り、茹でた食材とタレを合わせます。唐辛子はお好みで調節してください。

炒め物にもできるレシピなので、ガッツリと食べたい時はを加え、にんにくを多めにした炒め物に変えた食べ方もおすすめです。

「もやしの簡単和え物」でさっぱりと! - 暑い時期にピッタリの食べ方

もやしの酢の物

次は、お酢を使った酢の物系のもやしレシピです。酸味は食欲が低下しがちな暑い時期などには最適な食べ方です。

材料(2人前)は、もやし1/2袋、キュウリ2本、ごまを少々です。調味料は、マヨネーズ大さじ1、酢、醤油各大さじ1/2、砂糖少々を使用します。調理時間の目安は15分です。

まず、もやしを電子レンジで加熱中に、キュウリをもやしと大体同じ太さに細切りします。調味料を混ぜ合わせてタレを作り、もやしとキュウリと混ぜ合わせ、最後にごまを振りかけてでき上がりです。

代わりにごま油であえて、鰹節をかけると食べ方のバリエーションが広がります。

先に紹介した「もやしの蒸し鶏とキュウリのキムチあえ」や「豚ともやしのナムル」の、メインのお肉がないときのアレンジにも利用できる食べ方です。

もやしは食感を楽しむ万能食材 - 長持ちする保存法は?

茹でもやしの画像

もやしはシンプルに単品での食べ方より、何か他の食材と合わせたレシピが多く見られます。

消化酵素の他に、ビタミンCやミネラル、食物繊維も含んでいる栄養のある食材ではありますが、水分が多くどちらかと言うと、その食感を楽しむ食べ方が多いようです。

そして、そのシャキシャキとした食感を楽しむ食べ方は、調理であまり熱を加えすぎないのがポイントで、ゆで時間は1分ほどが目安です。お湯にお酢と塩を加えると、特有の臭みも消せます。

水溶性の栄養を損なわない食べ方は調理がポイントで、電子レンジで短時間の加熱をするという点です。

さらに歯ごたえを良くする食べ方では、両端の根と子葉を調理する前に折り取る一手間かけると、いっそう良くなります。

もやしときのこの炒め物の画像

もやしは多くの食材と相性が良いので、アレンジの幅が広い食材です。ここに挙げた食べ方は調味料を工夫すれば、まったく違った味わいになり、野菜もきのこに変えたりと、レシピのバリエーションが増えます。

自宅にある調味料やスパイスを使って、オリジナルの味付けや食べ方にも挑戦してみてください。

また、もやしは傷みやすい野菜ですがちょっとした工夫で、長持ちをさせる保存法があります。とても簡単で、ようじでもやしの袋に数か所、空気穴を作るだけでもちが断然良くなります。

関連コンテンツ

関連記事