岩盤浴の入り方と適切な時間とは

テーマ別 健康 > 岩盤浴の入り方と適切な時間とは?

岩盤浴の入り方と適切な時間とは?

岩盤浴の入り方と適切な時間

以前、「岩盤浴の効果」についてご紹介しましたが、今回は岩盤浴の入り方と適切な時間を伝えしていきます。

温められた岩盤の上でリラックスして、身体の問題点を解消できる岩盤浴は、ヒーリング効果なども得られるため女性を中心に人気です。

しかし岩盤浴の正しい手順や時間を守らなければ、思うような効果が現れない場合もあるのです。また岩盤浴中になにげない一工夫を加えるだけでも、さらに健康になれる可能性があります。

岩盤浴を深く知ると、これまで以上にもっと好きになれるでしょう。ここでは、岩盤浴の入り方や時間、入る際の注意点についてご紹介いたします。

関連記事:岩盤浴の効果は?こんなにもあった岩盤浴の優れた5つの効能

岩盤浴の正しい入り方を身につけよう

汗をぬぐう女性

岩盤浴の入り方で重要なのは、全身をまんべんなく温めて発汗を促進する ことです。

そのためには岩盤浴中に何度も寝返りを打つのは望ましくありません 。1度寝転がったら10分程度は体勢を変えずに、身体の芯まで温まるのを実感しましょう。

またリラックス効果が薄まるので身体を曲げてしまうのもNGです。全身の力を抜き、足と背筋を伸ばして寝転がると熱に身体を委ねているような癒しを得られるでしょう。

水分補給も大切です。「特に喉が渇いていない」と感じているときでも、わずかな量の水をこまめに飲むようにしましょう。多くの浴場にはウォーターサーバーなどの飲料水が用意されています。

水分補給をすると発汗が促進されて、デトックス効果が強まることが期待できます。

また体力が回復するのでのぼせたり疲れたりするのを防ぎ、より快適な時間をすごせるでしょう。正しい手順や入り方で岩盤浴を行いメリットを最大限に引き出せるといいですね。

岩盤浴はどのくらいの時間入るといいのか

時計の画像

岩盤浴の入り方で誤解しやすいのが、汗をかくので「長く入れば入るほどやせられる」ということ。しかし実際には適切な時間を意識しないと、脱水症状や熱中症などの症状におそわれるリスクもあるのです。

時間はどちらも10分ずつ行い、うつ伏で体の前部分を温め仰向けで背面部分を温めましょう。

これをワンセットとし、いったん外へ出ます。そして5~10分ほど休憩をはさみ、身体を休めてから岩盤浴に戻りましょう。1日に3~4セットほど繰り返すのがおすすめです。

健康にも美容にもいいですし、肉体的にも気持ちがいいのでつい何度も通いたくなるものです。しかし1度に長い時間入ると体力を消耗してしまいがちです。

岩盤浴の効用を味わうには元気な身体でのぞむのが一番です。多い場合でも、週に2~3回を目安とするのが賢明でしょう。

岩盤浴にプラスして効果が高まる工夫

マッサージの施術を受ける女性

岩盤浴中は筋肉がやわらかくなり、血のめぐりが良くなっているのでマッサージをすると効果が高まります。

肩こり腰痛に悩まされている人は自分で指圧してみても、日ごろより気持ちいいと感じるでしょう。また、リンパマッサージによりむくみの解消にも役立ちます。

岩盤浴にはマッサージサービスと併合している場所も多く、有料ではありますが利用するのもおすすめです。

岩盤の上に寝転んでいるだけでもイメージを持つことが大切です。「汗をかいて体重が落ちる自分」や「脂肪が燃焼されてスリムになる自分」を想像しながら楽しみましょう。

良いイメージを持って続けると、自然と期待した効果に近づけます。

ストレッチヨガも岩盤の上で挑戦してみたい工夫です。熱によって身体の筋が伸びやすくなっている状態では、軽めの全身運動が大きく作用します。焦らずゆっくり行うと発汗や脂肪燃焼が促進されるので、ダイエットとしても期待できるでしょう。ただし、無理は禁物、そして周りに人がいる場合は控えましょう

正しい岩盤浴で得られるメリットとは?

タオルを顔に当てている女性

正しい入り方で岩盤浴を行うと、まず何よりもきちんとした効用や健康的なカラダを得られます

たとえば岩盤浴の目的は身体の外側ではなく、内側から温めて皮下脂肪を燃焼させる点にあります。本来はコントロールしにくい身体の内側がきれいになるので通常のダイエットでは体重が落ちなかった人もポジティブな結果を実感できるでしょう。

正しい入り方は盤浴をもっと魅力的なものにさせてくれます。目に見える効果が期待できるだけではなく、体感ももっと気持ちよくなるので岩盤浴に行く習慣が楽しみになるかもしれません。

ダイエットやフィットネスを「めんどくさい」と感じていた人も、岩盤浴なら高いテンションで継続できるでしょう。

そして健康を損なわないのも大きなメリットです。「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざの通り、どんなに優れた健康法でも過剰に行うのは逆効果です。

岩盤浴の適度な入り方を理解して入り続ければ、岩盤浴のメリットもさらに強めることが期待できるでしょう。

関連コンテンツ

関連記事