季節の変わり目の体調不良の原因についてのご紹介

テーマ別 健康 > 季節の変わり目に見られる体調不良の原因3選

季節の変わり目の体調不良の原因3選

季節の変わり目に見られる体調不良の原因

季節の変わり目になると「なぜかいつも体調を崩してしまう」と、悩む女性が多く見られます。

風邪を引いているわけでもないのに「何となく体がだるい」または「頭痛がする」など、症状は人によりさまざまです。

季節の変わり目になるとこうした体の不調を引き起こす原因は、どこに隠れているのでしょうか。その要因や予防法、症状を確認していきましょう。

ここでは季節の変わり目に起こりやすい、体調不良の原因を3つピックアップしてご紹介します。

低気圧が原因によって起こる季節の変わり目の体調不良

窓から外を眺める女性

季節の変わり目の体調不良の原因の一つに「低気圧」が挙げられます。

日本は四季があり、その季節ごとに美しい景色を楽しめるのが魅力です。季節によって天気や気温の変化も見られ、中でも梅雨の時期は特に雨が降りやすい季節です。

この梅雨の時期に起こりやすい体調不良が「頭痛です。なぜ梅雨時になると頭痛が起きてしまうのか、それには「気圧」が大きく関係しています。

雨が降るときは気圧がぐっと下がります。気圧が下がると脳血管が膨張し神経を圧迫しがちです。その結果、頭痛を引き起こす原因になります。また低気圧の影響で体の水分の循環が悪くなり、むくみが起きるケースもあるでしょう。

梅雨以外にも秋は台風が多く、気圧の変化による体調不良を引き起こしやすい時期です。低気圧による体の不調が起きやすい方は、特に梅雨と秋の季節の変わり目に注意しましょう。

関連記事:ジメジメにうんざり!梅雨時の体調管理とその対策とは?

体調不良の原因は自律神経からも - 季節の変わり目は乱れやすい

クッションを抱えて座る女性

自律神経の乱れも、季節の変わり目の体調不良の原因となります。

季節の変わり目は外気の温度差を感じやすい時期です。私たちの体には「体温調整機能」が備わっており、こうした寒暖差から身を守る働きがあります。

この体温調整機能の働きをつかさどるのが「自律神経」です。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。そしてこの2つがバランス良く働くことで体温調整機能や健康を維持できるのです。

しかし自律神経はとてもデリケートなため、季節の変わり目に繰り返す寒暖差による刺激やストレスの影響で働きが乱れてしまうことがあります。そして自律神経が乱れると肩こりやめまいといった体調不良を引き起こす原因につながります。

季節の変わり目になると、なぜか「肩こりがひどくなる」または「めまいを感じやすい」という自覚症状はありませんか?もしもこれらの症状に悩まされている場合は気がついていないだけで、自律神経が乱れているのかもしれません。

関連記事:自律神経を整える方法3選 - 健康をメンタルから改善しよう!

寒くなる季節の変わり目も - 体調不良の原因は寒さや冷えも関係

腕を組むイメージ

季節の変わり目に迎える寒さや冷えなどが原因で、体調不良になることもあります。

快適に過ごしやすい秋から凍えるような寒い季節にかけて、体調不良を引き起こす人は多いものです。なかでも寒い季節になると増えてくる不調のひとつが「胃の調子が悪い」というケースです。

の不調の原因にはさまざまなものがありますが、そのなかでも見逃せない要因なのが「寒さ」や「冷え」といえます。冷えは体や胃に大きな負担を与えがちです。四季のなかでも特に寒い時期は胃が冷えやすく、その負担から「胃もたれ」や「胃の痛み」などの不調を引き起こしやすい傾向といえます。

季節の変わり目に「下痢」や「便秘」になりやすいという人は胃腸の働きが低下している可能性があります。

冷えは「万病のもと」ともいえる健康の大敵です。胃を冷やす冷たい食べものや飲みものは、季節の変わり目とは関係なく日ごろから摂取しすぎないように注意を払いましょう。

体調不良の原因はさまざま!対策を知って症状を軽減しよう

窓辺で音楽を聴く女性

人の体のつくりが異なるように、季節の変わり目で体調不良を引き起こす原因もさまざまです。

症状がいくつかありましたが、あなたはどの症状に当てはまりましたか?季節の変わり目になるといつも体調不良が起きて、気分が憂鬱になってしまうという女性は珍しくないでしょう。

しかし、ここで紹介した「季節の変わり目で体調不良を引き起こす原因」を意識することで予防策を練りやすくなるはずです。

例えば「気圧」による体調不良は軽い運動を取り入れる対策法を取り入れてみてはいかがでしょう。ストレッチヨガなどの軽い運動であれば、雨が降りやすい時期でも継続しやすいため、おすすめです。運動をすることで血流が良くなり頭痛やむくみの解消に役立ちます。

「自律神経の乱れ」による体調不良は、なるべくストレスをためない生活を心がけることが大切です。季節の変わり目に関係なく休日は思いきり趣味を楽しむなど自分なりのストレス解消法を見つけておくことで、自律神経を整えやすくなるでしょう。

「冷え」による体調不良は体を冷やさないようにすることが基本です。特に季節の変わり目は油断せずに、腹巻きや使い捨てカイロを利用して胃を温めてあげましょう。外出時にはストールやブランケットを持ち歩くと、屋外と屋内の温度差を和らげることができます。

このように原因と対策法を知っておくことで「季節の変わり目はなぜ具合が悪くなるの?」という不安やストレスを軽減できるはずです。自分の体の声に耳を傾けて上手な付き合い方を見つけていきましょう。

関連コンテンツ

関連記事