セルフケア特集 > 暑い夏の寝苦しさ対策4選

暑い夏の寝苦しさ対策4選を徹底解説!

あああ

暑い夏の寝苦しさ対策4選をご紹介します。

年々暑くなる日本。日中はもちろん、夜になっても気温が下がらず、「暑すぎて寝苦しい!なかなか眠れない、途中で目が覚めてしまう」という方も多いのではないでしょうか。

睡眠の質の低下は、仕事や生活のパフォーマンスの低下にもつながります。さらには、夏バテや夏風邪など健康面でも影響が出てきますね。

そこで今回は暑い夏の寝苦しさ対策4選をご紹介します。暑い夏にすこしでも快適に眠れるヒントをたくさん紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

エアコンで寝苦しさ対策 - 暑い夏のおすすめの設定方法

28度前後が推奨されているが、猛暑では寝苦しさを感じてしまう

28度に設定したエアコン

暑い夏の寝苦しさ対策で欠かせないのがエアコンです。エアコンの設定次第では寝苦しさは大きく改善されます。

体温を超えるような気温が続く昨今の日本において、エアコンは欠かせません。エアコンが嫌いという方も多いかと思いますが、エアコンなしで乗り切れるような気温ではなくなってきています。就寝時もしっかりとエアコンをつけるようにしましょう。

さて、難しいのがエアコンの設定温度です。28度前後が理想とされていますが、これは一般的な夏に推奨される設定温度です。連日35度を超えるような猛暑では部屋が十分に冷え切らず、結局のところ寝苦しさにつながってしまします。

寝る前に一度、部屋を十分に冷やすのがポイント

寝室にあるエアコン

連日35度以上日続くような猛暑では、夜になっても日中の温度が冷え切らず、部屋の温度が高い状態のままになっています。そこで寝る前に部屋全体の温度を下げておく必要があります。

就寝1時間くらい前にエアコンの設定温度を23~25度ほどにして、部屋と寝具を十分に冷やしておきましょう。設定温度はその日の気温によって異なりますが、部屋を十分に冷やすということが重要です。

そして、寝るときには設定温度を27~28度ほどに戻し、つけっぱなしにしておきます。

こうすることで、寝る前に部屋全体を冷やすことが可能ですし、寝ている時に寒すぎて起きるという心配もありません。

つけっぱなしは電気代がかかると思う方も多いですが、最近のエアコンは設定温度に達している場合は、自動的に起動を止めるように設計されています。どうしてもつけっぱなしに抵抗があるという方は、タイマーを活用しましょう。

寝具でも寝苦しさを改善しよう!

ひんやりタイプの冷感敷パッドを活用

ひんやり冷感敷パッド

寝苦しさ対策の2つ目は寝具です。寝具を快適なものにすることで暑い夏の寝苦しさを解消することができます。

暑い夏におすすめなのが「ひんやりタイプの冷感敷パッド」。暑い季節になるとスーパーやホームセンターなどで売っていますね。

ひんやりとした肌触りが特徴で、寝るときの体感温度も変わってきます。エアコンとの相性も良いですね。

人間のカラダは体温の低下とともに眠りにつきます。冷感敷きパッドはこの体温の低下を手助けしてくれます。また感覚的にもひんやりとしているので気持ちが良いですね。年々性能が向上していますので、昔買った方は買い替えてみるのも一つの手です。

麻やリネン素材の寝具もおすすめ!

麻、リネン素材の寝具

夏の寝苦しさ対策として、麻やリネン素材の寝具もおすすめです。麻やリネン(リネンは麻の一種)は通気性が良く、吸水・吸湿性に優れています。

麻やリネンはたっぷりと汗をかく夏場には適した素材なんですね。ひんやり感では冷感敷きパッドに劣りますが、熱伝導性が高いため、火照ったカラダから熱を吸収してくれる働きもあります。

寝苦しい夏こそしっかりと入浴を - 寝つきを良くする入浴法

正しい入浴方法で寝つきを良くしよう!

入浴でリラックスしている女性

寝苦しさの要因の一つに「寝つきの悪さ」が挙げられます。「なかなか眠れない!」というやつですね。

寝つきの悪さは部屋の温度が高いという原因もありますが、これは前述のエアコンで対策できます。一方、体温が十分に下がらずに眠れないという場合もあります。これは、入浴で対策することができます。

よく暑いからとシャワーで済ませてしまう人がいますが、暑い夏こそしっかりと入浴すべきです。正しい入浴法を学ぶことによって寝つきを良くしましょう。

夏場は38~39度くらいのぬるま湯に10分がおすすめ

バスタブの蛇口のアップ

夏場の入浴は38~39度のぬるま湯に10分がおすすめです。人によって感じる温度は異なりますが、感覚的に「ちょっとぬるいな」と感じるくらいがちょうど良いです。特に、熱いお湯で慣れている人はかなりぬるく感じるでしょう。

人間のカラダは体温が低下することによって眠くなるようになっていますが、体温を下げるには入浴によって一度、体温を上げる必要があります。この体温を上げるのに適した温度が38~39度、時間が10分ほどなのです。

38~39度という温度は副交感神経を刺激し、カラダをリラックスモードへと切り替えます。自律神経が乱れやすい夏場では特に実践したい入浴法です。

寝苦しさ対策の盲点!- パジャマで寝苦しさを解消しよう

暑い夏はTシャツよりも涼しいパジャマで

パジャマをはいている女性

寝苦しさ対策で意外とおろそかになりがちなのが、寝る格好です。

夏は暑いのでTシャツに短パンという方も多いかと思いますが、寝苦しさ対策にはパジャマがおすすめです。

パジャマは快適な睡眠をサポートするために、考え抜かれた作りになっており、寝苦しさ解消の手助けをしてくれます。

綿ガーゼやリネン素材のパジャマがおすすめ!

あああ

暑い時期におすすめなのは、綿ガーゼやリネン素材のパジャマです。綿ガーゼやリネンは通気性、吸汗性に優れており軽いのが特徴。Tシャツより涼しく快適に眠ることができます。

とくに、綿ガーゼは肌触りも良いので寝心地バツグンです。暑くて途中で目が覚めてしまうという方は、一度試してみてはいかがでしょうか。先ほどご紹介した寝具と組み合わせれば、寝苦しさはかなり軽減されるはずです。ぜひお試しください!

関連コンテンツ

関連記事