空腹を紛らわす方法3つ

セルフケア特集 > 空腹を紛らわす3つの方法

空腹を紛らわす3つの方法 - 健康的に食欲を抑えよう

空腹を紛らわす方法

空腹を紛らわす方法を3つご紹介していきます。

ダイエットの大敵「空腹」。つい耐え切れず、必要以上に食べ過ぎたり、間食をしてしまったりすることがあるのではないでしょうか。ダイエット中の食べ過ぎはご法度だとは分かっていても、食欲はなかなか抑えられないものです。

ですが、空腹を紛らわす方法を知ることができれば、ダイエット中でも快適に過ごせるかもしれません。

そこで今回は、空腹を紛らわす3つの方法について紹介します。空腹に負けないためにも、しっかりと学んでいきましょう。

関連記事:現代人には必要? 空腹がもたらす5つの効果とは?

交感神経を刺激して空腹を紛らわす!

床に置いたエクササイズグッツ

空腹は、交感神経を刺激すると紛らわすことができます。なぜなら、交感神経を刺激すると血糖値を上昇させることができるため、空腹を紛らわせられるのです。

方法としては、運動がおすすめです。運動すると逆にお腹が減るのではと思うかもしれませんが、一定時間続けることで交感神経が活性化されます。その結果、食欲を感じにくくなるのです。

運動の内容については、ウォーキングジョギングといった軽めのもので構いません。それを20分ほど続けると、空腹を紛らわすことが可能です。

また、時間のない人は10秒ほどの短距離走でも効果を期待できます。

次におすすめなのが、ホラー映画を見ることです。スリリングな内容が多いホラー映画は、アドレナリンの分泌を促進して交感神経を刺激します。

ただし、グロテスクな内容が苦手な方には、おすすめできませんので、アクション映画など、興奮できるような内容にすると良いでしょう。

カロリーの低い飲み物で空腹を紛らわす!

お水を飲む女性

空腹に紛らわす方法としておすすめなのが、カロリーの低い飲み物を摂取するということです。

まず、おすすめなのが水です。空腹を紛らわすだけでなく、血液の循環を良くするため基礎代謝が向上し、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

水の代わりに炭酸水も良いでしょう。水と同じ効果を得られるだけでなく、満腹感を得やすいため空腹を紛らわしやすくなります。しかし、少量ですと炭酸が胃を刺激し食欲を増進させる可能性があるので、300mlは飲みたいところです。

また、コーヒーも空腹を紛らわす飲み物として最適です。コーヒーに多く含まれるカフェインには、食欲の抑制効果があります。カロリーも低いため、ダイエット中にも気軽に飲めるでしょう。

ただし、砂糖やミルクを入れるとカロリーオーバーになりますので、ブラックで飲むのが基本です。

カロリーの低い食べ物で空腹を紛らわす!

お皿に盛り付けたところてん

食べ物でも空腹を紛らわすことができます。

まず、こんにゃくゼリーや寒天です。これらの食品は基本的にカロリーが低いので、空腹を満たすにはピッタリです。ただし、糖分が含まれていますので、食べ過ぎには注意しましょう。

次にガムです。噛み続けると満腹中枢を刺激されるので、空腹を紛らわすことができます。また、ガム1個当たりのカロリーも非常に低く、ダイエット時には最適です。特に、キシリトールガムは1粒当たり約3キロカロリーなのでおすすめです。

様々なドライフルーツとナッツ

ドライフルーツやナッツも空腹を紛らわせられれ食品です。ドライフルーツの栄養価は高く、ナッツには抗酸化物質も含まれているため、ダイエット中に不足しがちな栄養素を摂取することもできます。

しかし、糖分や脂質が多く含まれているので、食べ過ぎには注意です。

そのほか、高カカオチョコレートも空腹を紛らわせられる食品です。また、カカオ含有量が高いチョコレートは多くのポリフェノールが含まれているのでイライラなどの抑制効果も期待できます。

ですが、砂糖が多く含まれるチョコレートでは意味がありませんので注意しましょう。

お腹が減るのは自然なこと!空腹を上手くコントロールしよう

方向を指でさす女性

人間が食物の消化にかける時間は食品によって違うものの、約3~5時間だと言われています。つまり、空腹を感じるのは、健康な人にとって当たり前のことなのです。

この空腹を無理に抑え込もうとすると、その反動で食欲を増進させることになり、食べ過ぎを繰り返して自己嫌悪で、ストレスをため込んでしまいます。

最終的には、過食症になるリスクも引き起こす可能性があるのです。したがって、空腹を上手にコントロールするのが健康的にダイエットを続ける秘訣だといえるでしょう。

紹介した空腹を紛らわす方法は、人によって合わないものがあるかもしれません。大切なのは、一度実践してみること。これらの方法を試して、一番自分に合った方法を見つけていくのが必要です。

自分に合った空腹を紛らわす方法を見つけ、理想のスタイルを目指しましょう

関連コンテンツ

関連記事