ジョギングは朝と夜どちらが適してる?

テーマ別 健康 > ジョギングに適しているのは朝or夜? 効果的な時間帯とは?

ジョギングに適しているのは朝or夜? 効果的な時間帯とは?

ジョギングに適しているのは朝or夜?

ジョギングは朝と夜、どの時間帯が効果的なのかについてお伝えします。

ジョギングは特別な道具は必要なく、走りやすい靴とウェアさえあれば比較的取り組みやすいトレーニングです。「美容や健康のために始めようかな」と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし始めやすいとはいってもトレーニングができる時間は限られています。特に働いている人の場合、朝か夜のどちらかに絞ってトレーニングをしようという人が多いでしょう。

ジョギングをするには、いったいどちらの時間帯がいいのでしょうか。

キーワードは“マイペース”!

黄色と青の背景と時計

結論から言うと朝と夜のジョギングにはそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらが良いと決められるものではありません。

自分の生活スタイルやトレーニングの目的を考え、より適した方を選ぶようにしましょう。ジョギングに限らず、トレーニングは1度やって終わりのものではありません。継続して行うことで徐々に身体に作用し、理想の身体に近付いたり健康的な生活を手に入れられたりするものです。

美容や健康ためにジョギングをしようと考えているなら、自分の生活の一部として習慣化し継続できるようにするのが重要です。生活の中で、いつジョギングをするのが自分にとって一番続けやすいのかを考えてみましょう。

もちろん、すでにジョギングが習慣化している人は、目的や目標に合わせて走る時間を決めるのもおすすめです。朝ランと夜ラン、それぞれの特徴を見ていきましょう。

頭すっきり!朝のジョギングで仕事もはかどる?!

朝に走る女性

一般的に朝と夜を比べると朝の方がエネルギー消費率としては高いといわれています。それには血糖値が関係しています。

人間は身体を動かすとき体内の糖分と脂肪を燃やしてエネルギー源にしています。朝は体内の血糖値が低い状態なので、脂肪が燃やされるタイミングが早いといわれているのです。

加えて朝にしっかり身体を動かして体温を上げておけば、基礎代謝が上がり1日を通して脂肪燃焼効果が期待できます。ダイエットに向けてジョギングをするなら朝の方が目的を達成しやすいのではないでしょうか。

また、朝一番に身体を動かすことで脳が覚醒し、スムーズに仕事に取り組みやすくなります。

このようにメリットがいろいろとある一方でデメリットもあります。朝はまだ身体が十分に起きていないので、ジョギングの前後には入念なストレッチは欠かせません。ストレッチをする時間や実際に走る時間を考えると、かなりの早起きになることもありえます。

関連記事:朝運動すると痩せる!? 朝の運動がもたらす効果と注意点について

ストレス解消!夜のジョギングで1日をリセット

夜の街を走る女性

夜にジョギングをするときにもストレッチは必要ですが、1日中動いたあとですので朝よりは身体を動かしやすいでしょう。そのため、すぐにジョギングに集中できて時間を有効的に使えます。

朝は家を出る時間を考えながらトレーニングをしなければなりません。しかし夜のジョギングの場合はその心配が少ないので、のんびりと自分のペースで楽しむことできストレス解消が期待できます。

ストレスをうまくコントロールできれば「イライラしてドカ食いしてしまう」などといったことも減るのではないでしょうか。

また、寝る前に体温を上げることで熟睡効果も期待できます。人間の身体は活動時と休息時では体温が違いますが、その差が大きいほど熟睡しやすくなります。夜に少し身体を動かしておけば、スムーズに眠りにつける可能性が高まります。

しかし、あまりに夜遅くに走ると逆に寝付きが悪くなる原因にもなります。遅くても、就寝の2~3時間前にはジョギングを終えるようにしましょう。

他にもうれしい効果がいっぱい?

白いレンガの背景とジョギングシューズ

このように朝と夜のジョギングではそれぞれ期待できる効果が異なります。そのためどちらが良いかは人によって判断が分かれるでしょう。

また「朝は脂肪燃焼効果が高い」と書きましたが、だからといって夜のジョギングその効果がまったくないわけではありません。タイミングに関わらず、日常生活以上の負荷をかければ体温は上昇し、脂肪燃焼はしやすくなります。

「ダイエット効果がないから夜はダメ」などと決めつけず、自分に合ったスタイルを選ぶようにしましょう。どちらの場合も大体週3~4回を目安に取り組むのが理想です。

継続してジョギングを行うことで筋肉量がアップ、筋肉量の増加によって基礎代謝アップが望めます。代謝が上がればダイエットがしやすくなるだけでなく、血液循環にも良い影響を及ぼすことが期待できます。便秘冷え性肌荒れといった症状にもアプローチ可能です。

自分なりのペースでジョギングに取り組み美と健康を目指してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

関連記事