昆布とわかめの違いとは?

セルフケア特集 > 昆布とわかめの違いについて - 目的に合わせて使い分けよう!

昆布とわかめの違いについて - 目的に合わせて使い分けよう!

昆布とわかめの違いについて

今回のテーマは、昆布とわかめの違いについてお伝えします。

海藻といえば多くの人が思い浮かべるのが、昆布わかめではないでしょうか。日本は海に恵まれ、浜に行けば打ち上げられた海藻を見ることもできます。

数ある海藻のなかでも、昆布とわかめは日本人に古くから馴染みが深く、親しまれています。

そんな昆布とわかめですが、どんな違いがあるかというと具体的に答えられないという人も多いことでしょう。昆布とわかめは果たしてどのような違いがあるのでしょうか。

昆布とわかめの栄養素や効果、食べ方など、それぞれの違いと魅力について紹介します。

同じ海藻だけどこんなに違う!昆布とわかめを比較してみよう

?のボードを持つ女性

日本人の食生活に欠かせない海藻といえば、昆布とわかめでしょう。

昆布は主に出汁や煮物などに利用され、わかめは味噌汁や酢の物などの具で食材としての利用が多くなっています。

昆布とわかめは胞子によって増殖する海藻ではありますが、さまざまな違いがあります。昆布は褐藻類コンブ科コンブ属に属し、わかめは褐藻類アイヌワカメ科に属しており、種類が異なります。

また、主な生産地も異なっており、羅臼や利尻などに代表されるように、昆布は北海道が主な原産地であり、天然物の割合が大きいのに対して、わかめは日本全国で収穫が可能で、養殖生産されているものも多くあります。

そして、昆布は寒冷地でないと育たないという大きな特徴があります。比較的広範囲での生産が可能なわかめと比べて希少価値が高く、産地によりブランド化されているものがあります。また、特に品質が良いものは高価で取引がされています。

栄養素の違いは効果の違いに通ずる

栄養成分の画像

昆布とわかめはそれぞれが持つ栄養素にも、大きな違いがあります。

まず、昆布はその豊富な栄養素から広く健康食品として知られています。特に豊富なのは食物繊維鉄分カルシウムで、また、人間にとって必須元素であるヨウ素も多量に含むことが知られています。

そのほか、旨味成分であるグルタミン酸が含まれているため、出汁をとるための利用が古くから行われ、日本人の食生活にはなくてはならないものとなっています。

一方、わかめの旨味成分は昆布と比べて多くはないものの、食物繊維やミネラル、アルギン酸やフコイダンを含み、血中コレステロールを下げたり動脈硬化や心筋梗塞を防いだりする効果があると言われています。

また、低カロリーでも知られており、ダイエット食品として利用されることがあります。

昆布とわかめは旨味成分の含有量にこそ違いはあれ、それぞれに含まれる栄養素は豊富で、いずれも食生活に摂り入れていきたい食材です。

昆布とわかめはそれぞれどのような食べ方をされてきた?

うどんの画像

昆布とわかめは日本人の食生活にどのように摂り入れられてきたのでしょうか。

昆布とわかめは古くから食用として用いれられ、縄文時代の遺跡からわかめなどの海藻遺存体が見つかっています。

江戸時代には北海道などで採れた昆布は、北前船で大阪などの上方に運ばれました。乾燥した昆布を湿気の多い大阪の倉庫で寝かすと熟成され、旨味が増すことから関西では出汁として広く使われるようになりました。

そのほか、乾燥した昆布を甘酢に漬け表面を削ったおぼろ昆布や、細切りにて醤油などで炊く、あるいは数の子などと和える松前漬けなど、各地で調理法が発展してきました。

わかめは古くは朝廷への献上品として用いられ、乾燥しやすく持ち運びも容易なため、日本では広く親しまれてきました。

わかめは調理食材としての使用方法が一般的で、旨味成分の含有量から出汁をとるために使われることはあまりありません。扱い方が簡単なため、味噌汁の具やサラダのほか、ラーメンやうどんのトッピングにもよく使われます。

具体的な機能を知って美味しく食べよう

味噌汁と箸を持つうしろ姿

昆布もわかめも、それぞれ栄養素を豊富に含みカロリーも低いことから、健康を気遣う女性から注目されている食材です。

糖質の点からみると、昆布はわかめと比べると糖質量が高くなっています。糖質制限食を実行している場合は味付けにも注意しましょう。

昆布は出汁をとることで、その栄養素や旨味を十分摂ることができますし、わかめもカットわかめなど調理しやすい形で市販されており、摂取しやすくなっています。

昆布とわかめは、それぞれ調理方法も含まれる栄養素にも違いはありますが、いずれも日本で古くから親しまれてきた美味しい食材です。

健康に良いからと食べ過ぎることなく、適量を守って摂り入れ、昆布とわかめが持つ魅力を活かしながら美味しく食べましょう。

関連コンテンツ

関連記事