筋肉を増やす食事にいて

テーマ別 健康 > 筋肉を増やす食事3選

筋肉を増やす食事3選 - 効果的に筋力アップを目指そう!

筋肉を増やす食事3選

健康や美容に関心が高い女性は筋肉を増やすように工夫してみましょう。

筋肉量が増えると新陳代謝がよくなり美肌へとつながります。またエネルギーの燃焼もよくなるのでぜい肉対策にもなります。

しかし、今まで運動の習慣がなかった人には激しいトレーニングで筋肉をつける方法は至難の業でしょう。そこで食事内容や食習慣を見直しして筋肉をつけていく方法がおすすめです。

ここでは筋肉を増やすために効果的な食事について、3つご紹介いたします。

関連記事:筋トレの効果を再チェック! 覚えておきたい6つの筋トレ効果

健康的に良性のタンパク質を摂取!大豆をたくさん食べよう

木の器とスプーンに入った大豆

筋肉はもちろん、体のあらゆる部位を作り出す際の原料となる成分がタンパク質です。

多くの食材に含まれていますが、重要なのは量以上にタンパク質の「質」です。良性のタンパク質をたくさん摂取すると、生み出される筋肉も丈夫になり体の機能が高まります。

タンパク質の「質」に注目して食材を選んでみましょう。おすすめなのが豆腐納豆といった大豆を元にした食品です。大豆は良質のタンパク質の宝庫であり「畑のお肉」と呼ばれることさえあります。

大豆食品のメリットはカロリーが低いために、たくさん食べても太りにくい点です。ダイエットで糖質や脂肪を制限する食事をしている人にも、ぴったりの健康食品だといえます。

むしろダイエットで空腹になったときには、豆腐や納豆で紛らわせると一石二鳥でしょう。また1日を健康的にスタートさせるために、朝食メニューの定番とするのも効果的です。

お肉を食べて筋肉を増やす!鶏肉がヘルシーでおすすめ

木のボードに乗せられた4種の鶏肉

筋肉を増やすには「肉」をたくさん食べるのもひとつの方法です。しかしダイエットや健康術において、肉を制限するように解説する意見も目立ちます。

確かに肉にはタンパク質がたくさん含まれていて、筋肉を増やす効用があるのですが、同時にコレステロールや脂質、油分など摂取しすぎると体に害を及ぼす成分も多いのです。

そのためダイエット中は食事に出さないようにする人も珍しくありません。しかし健康に良いとしても肉を口にできないのは、ストレスに感じてしまう人もいるでしょう。

そこで、おすすめなのが鶏肉です。鶏肉はさまざまな肉の中でも特に健康的な食材といえます。タンパク質以外に美肌成分であるコラーゲンや、血液をサラサラにしてくれるビタミンKなども含んでいます。

そのうえ豚肉牛肉と比べてカロリーは控えめです。ササミを生野菜と一緒にあえてサラダにすると、味も楽しめるダイエット食が完成します。

健康食材として注目!卵の正しい食べ方は?

お皿に入れた茹で卵と生卵

筋肉を増やすにはも欠かせません。卵には1個あたり7~8グラムのタンパク質が含まれています。毎日卵を食べることで確実にタンパク質を補強できるでしょう。

実は卵にはタンパク質以外にも数多くの健康成分が含まれています。コラーゲンやビタミン、鉄分ミネラルと卵1個の中に、さまざまな栄養素が散りばめられているのです。

特にタンパク質をアミノ酸へと分解し、筋タンパク質へと変えていくために必要なビタミンは、筋肉を増やすためにも重要です。卵に含まれているカロリーは決して高くないために、量を食べても太るリスクが少ないのもメリットといえます。

朝食や夕食など卵を食事に出すにはいろいろな方法があります。しかし筋肉を増やすために食べるなら運動後、体がもっとも成分を求めているときに食べるのが得策です。

生卵をミキサーにかけたり、あらかじめゆで卵を用意したりするなど食べやすい手段を見つけましょう。

筋肉を増やすには健康的な食品と食事法が大切

食事を楽しむ女性

筋肉を増やすには健康的な食品と食事方法を選んで、習慣化するようにしましょう。

どんなに激しいトレーニングを積んだとしても、食事が不規則的ならば筋肉の原料が十分に蓄えられません。結局、疲労感だけが募って体調を悪くしてしまう恐れもあるのです。

そもそも筋肉とは、短期的に努力をするだけでは身につかないパーツです。運動や健康的な食事を無理のない範囲で続けているうち、体質は改善されて筋肉がつきやすくなっていきます。

健康的に作り出された筋肉は、落ちにくく長い間体を支えてくれるでしょう。

筋肉を増やすための食材選びでは「タンパク質が豊富な点」と「カロリーが低い点」を意識します。タンパク質が豊富でも日常的に食べて太ってしまうような食材は敬遠した方が賢明です。

そして「おいしく食べられる点」も大切です。おいしいと感じる健康食品や食事は、ストレスのない筋肉作りの味方になってくれるでしょう。

関連コンテンツ

関連記事