パジャマがもたらす睡眠への効果をご紹介

テーマ別 健康 > パジャマがもたらす睡眠の効果について

パジャマがもたらす睡眠の効果について - 眠りの悩みを改善

パジャマがもたらす睡眠の効果

パジャマがもたらす睡眠への効果をお伝えします。パジャマを着用しないでスウェットやジャージを着たまま眠りにつくという人は、意外と多いものです。

しかし良質な睡眠を得たいのなら、部屋着よりもパジャマを着る方がぐっすりと熟睡する効果が高くなります。

「いつもあまり眠れていない」「寝ているのに眠い」「夜中に目を覚ますことが多い」という人は、パジャマの着用で睡眠の悩みを改善できるかもしれません。

そこで今回は、パジャマを着て寝ると得られる睡眠の効果について説明していきます。

汗は睡眠の妨げに!パジャマは寝苦しさを軽減

枕を抱えて横になる女性

パジャマは睡眠中にかく汗をしっかり吸収してくれます。夏場の暑い日でもべたつき感を軽減する効果があるため快適に眠むることができます。

一般的に睡眠中はコップ1杯ほどの汗をかくといわれているので、とくに熱帯夜ではより多くの汗をかいていることになります。汗を吸収できないと肌がべたべたして不快感を覚えますが、この不快感が眠りを浅くします。

ポリエステルやアクリル素材の服は汗を十分に吸収できないなので、ぐっすり眠るにはシルクや綿100%の素材でできたパジャマが適しているのです。

スウェットはポリエステル素材と混合して作られているものが多く、ジャージもポリエステル100%で作られるので、汗の吸収には不向きといえます。

体をやさしく包み込んでくれるパジャマは、睡眠時の寝苦しさから解放して良質な睡眠を届けてくれるでしょう。着慣れているジャージやスウェットは楽に寝られると感じているかもしれませんが、深い睡眠を求めるならパジャマが理想的です。

関連記事:寝苦しい寝汗の原因と対策について

熟睡するには締め付け感のないパジャマがベスト!

ベッドの上でリラックスする女性

深く眠るためには締め付け感がなく、動きやすい服を着用して眠るのが効果的です。

フィット感のある服で眠ると服の中で熱がこもり、眠りに必要な体温の低下がうまく行えません。人間は体温が上がると「活動モード」に入ってしまうので、寝つきを良くするにはゆったりとした服を着て、熱を適度に放出させるのが重要です。

一方、体を締め付けるデザインの服は熱を逃がせないばかりか、体を圧迫させて血流を悪化させる可能性もあります。血流が悪くなると手足のみが冷えて眠れない場合もあるので、睡眠時には締め付け感のないパジャマが良いとされています。

また生地が薄めに作られているパジャマは寝返りを打ちやすいので、寝返りを打って起きてしまうというような睡眠の邪魔をすることがありません。自然な寝返りでストレスを最小限に抑えられます。

体温調節で寝つきの悪さを解消!パジャマの素材にもこだわろう

ハンガーに掛けられた洋服

パジャマは保湿性と速乾性の両方の効果を兼ね備えているので、体温調節がスムーズに行えて心地よい体温で眠ることができます。

そのため「布団に入ってもうまく寝られない」「寝つきが悪い」という人はパジャマを着用するのが正解です。スウェットは生地が厚めためうまく温度調節ができないですし、ジャージは通気性が良すぎて体が冷えすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

そして、パジャマは「シルクや綿、麻」などの素材がありますが、それぞれ特徴が異なります。

「シルク」は吸湿性や保温性に優れているので、オールシーズン着用できます。「綿」も汗を吸収するのに優れていますが、生地が丈夫なので洗濯しやすいといったメリットがあります。「麻」は肌触りがややかたいですが、通気性に優れた効果があるので夏場の使用が適しています。

パジャマは季節や気温に合わせて素材を変えると、より適度な体温で眠ることが期待できます。

起きているときと睡眠の切り替えが大切!

パジャマと時計と木の背景

パジャマがもたらす睡眠の効果は、吸汗性・体温調節・着心地の3つです。

素材と作り、生地の厚さといったパジャマが持つすべての要素が睡眠の質を上げるのに役立っています。「朝起きると汗でべとつく」「すぐに寝られないからスマホをいじる」「寝返りで起きてしまう」というような悩みのある人はパジャマを取り入れるようにしましょう。

パジャマの着用は「活動モード」から「睡眠モード」へ切り替えられ、より眠りにつきやすくなることが期待できます。

部屋着をそのまま寝間着として使っているという人は、切り替えがうまくできないので布団に入ってもすぐに眠りにつくことはできません。寝る前にパジャマに着替えてベッドに入る習慣をつければ、サイクルが安定して寝つきやすくなるでしょう。

寝るときの服装をパジャマに変えて、自分が理想とする睡眠を手に入れましょう。

関連コンテンツ

関連記事