太極拳のやり方と種類

セルフケア特集 > 太極拳のやり方と種類について

太極拳のやり方と種類について

太極拳のやり方と種類

太極拳のやり方と種類についてご紹介します。

中国では武術として誕生し、現在では国民の運動として老若男女問わず、多くの人が実践している「太極拳」。

実は、消費カロリーが高く、フィットネス効果の高い運動であるのを知っていますか。高い器具を購入せずに始められますし、安全性が高いということもあり、健康づくりやダイエットに最適です。

しかし、太極拳はどのように始めればよいか分からないという人も多いはずです。 ここでは、太極拳のやり方と種類について紹介します。

関連記事:太極拳の優れた3つの効果と効能について

奥の深い太極拳!初心者は型の少ない24式太極拳からスタート

太極拳を行う老人

太極拳のやり方と種類についてご紹介します。

太極拳は格闘技であり、中国では「孫式太極拳」「楊式太極拳」「武式太極拳」「陳式太極拳」「呉式太極拳」の大きく5つの流派に分かれています。

これらは同じ太極拳でも型や動きに違いがあり、覚えるのは非常に困難です。そのうえ、香港や台湾などでも親しまれていることから、流派はさらに細かく分類され、その数は20種類以上あるとされています。

つまり、すべての動きをマスターするのは極めて難しいため、初心者は流派に捉われず、基本的な動きを学ぶ必要があります。

日本で最も普及しているのが「24式太極拳」です。これは、太極拳の中で代表となる動きを24種類にまとめたものであり、初心者の人でも手軽にできるものになります。

太極拳初心者の方は、まずはこの24式太極拳から始めるのが良いでしょう。

事前準備が大切!重要なのは教えてもらえる環境に行く

湖をバックに並ぶ男女3人

太極拳を始める前に、事前準備が必要です。

まず服装です。太極拳を行う時は、関節や筋肉の可動域に制限がかかりにくいゆとりのある服装を準備します。靴は、バランスを取りやすくするために素足もしくは底の薄い靴が良いでしょう。

何かしらの持病がある人は、医師の許可を得てから行うのが大切です。太極拳は健康に良いものの、動作中に体調を崩す恐れがあります。不安のある人は、一度医師に相談するようにしましょう。

初心者でもできる24式太極拳であっても、型の種類は24もあります。そのため、初心者がすべて独学で覚えようとするのは困難です。

そこでおすすめしたいのが太極拳教室に通うことです。指導者の動きを見ることでどのような型があるのかが分かりますし、教えてもらうこともできます。個別指導を行っているところもありますので、本格的に太極拳を行いたい方にもピッタリです。

また、太極拳をする仲間もできるので、モチベーションに繋がります。気になる方は、見学から始めてみるのをオススメします。

ゆっくりのように見えて実は難しい!

湖をバックに立つ男性

太極拳のやり方を学ぶためには、基本動作を習得する必要があります。

まず覚えるべきなのが基本姿勢です。上半身は、真っすぐ自然の状態になるように保ちます。下半身は、椅子に腰掛けるようなイメージで膝をまげ、少しだけ重心を落とした状態にします。

姿勢が整えば、次に動き方です。太極拳の基本は、呼吸と合わせながら円を描くように柔らかくゆっくりと動きます。そして、動作中は左右の動きが均一であるように意識します。さらに、速さも常に一定に保ち動作を続けていくのです。

これらの基本を学んだ後は、太極拳の基本動作を覚えます。まず、重心を両足に置く基本姿勢から右足や左足へと体重を移動させます。この時、呼吸と速度を意識しながら一定のリズムで体重を移動させるのがポイントです。

また、重心を落とした状態になりますから、初心者の人は太ももに負担がかかります。

しかし、バランス感覚や足の筋力向上、体力増強にもなるため、太極拳のやり方を覚えると自然と健康な体になるのです。

無理をしないで楽しく太極拳を始めよう!

集団で行う太極拳

太極拳は新陳代謝が良くなったり、血行がスムーズになったりなど多くの健康効果があります。また、脂肪燃焼や引き締めといったダイエット効果も期待できます。

継続できれば、理想の体を手に入れるるだけでなく、健康にも近づけるはずですからぜひともチャレンジしたいところです。

ただし、無理は禁物です。ゆっくりとした動作を繰り返す太極拳でも、人によっては体に負担がかかる可能性があります。体調の悪い時は行わず、動作中に疲れを感じたら休憩を挟むなど自分のペースで行うのが大切です。

また、体に痛みを感じたら無理をしないで休むのも必要です。 太極拳を続けるコツは、楽しむことです。まずは、太極拳がどんなものなのか体験してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

関連記事