座禅の方法とやり方

セルフケア特集 > 自宅でできる!座禅の方法とやり方について

自宅でできる!座禅の方法とやり方について

座禅のやり方と方法

今回のテーマは自宅で行える座禅の方法ややり方について、お伝えしていこうと思います。

毎日のように仕事や家事などに追われて、心がざわざわすることありませんか。自分なりのストレス発散方法で上手に立ち回っている人もいるでしょう。

ただ、もっと根本的に自分と向き合う時間を作り、気持ちをリフレッシュすると、毎日の過ごし方が変わってくるはずです。

そこで注目したいのが、女性の間でも密かに人気を集めている座禅。

ここでは、座禅の魅力や自宅で手軽にできる方法などを紹介します。毎日続けることできっと新しい自分を発見できるでしょう。

関連記事:情報過多時代には必要!? 座禅のとんでもない効果5選

なぜ座禅が人気なのか? - 身体を整え心を落ち着かせる

両手を広げで上を向く女性

現代人は忙しく、常に携帯電話やメールなどの通信手段から離れられない状態にあります。

日常的にストレスを抱え、不安や怒りが溜まっている人も多いのではないでしょうか。うまい解消法が見つからないと、不安やストレスはどんどん違う方向へも飛び火して、負のループに陥ってしまいます。

そんなとき、まず身体を整えることによって心を落ち着かせてくれるのが「座禅」です。

座禅では「調身・調息・調心」といい、正しい姿勢で深い呼吸を行うことによって、心を整えられると考えられています。深い呼吸でイライラや不安をコントロールし、そういった感情を鎮めることができます。

また、携帯電話やテレビなどの音を遮断することで頭の中をクリアにし、何も考えない「無」の状態を作ることもできます。

自宅で座禅体験!方法ややり方はまずは正しい姿勢

座禅のポーズをとる画像

本来お寺で行う座禅ですが、自宅で1人でも簡単に行えます。

座禅を行う場所はどこでもいいですが、できるだけ静かで明るすぎない場所がいいでしょう。

まず、座禅の基本は「正しい姿勢」をとることです。床に座ったら「結跏趺坐(けっかふざ)」と呼ばれる姿勢をとりましょう。これは、左太ももの上に右足、右太ももの上に左足を乗せてあぐらをかいた姿勢です。

このとき、お尻の下にクッションや座布団などを敷いて高さを出し、お尻と両膝で体重を支えるようにすると楽です。

もしこの姿勢が苦しければ、片足だけを乗せた「半跏趺坐」でも大丈夫です。

イメージとしては、骨盤を立ててお腹を少しだけ前に突き出すようにすると、自然と背筋がピンと伸びます。背筋が伸びると呼吸が通りやすく、呼吸に集中できるようです。

姿勢が整ったら下腹部の前で手を組みます。右手の平を上に向け左手の平も上に向けたら、右手の指の上に左手の指をのせます。楕円形を作るイメージで左右の親指の先端を軽くつけましょう。

座禅時は目を閉じると思われがちですが、実はうっすらと目を開け、焦点を合わせないようにぼーっとした状態で行います。

ゆっくりとした呼吸に集中しよう!

BREATHと書かれた木のブロック

次のポイントは「呼吸」です。座禅のときにはゆっくりとした腹式呼吸を行います。

特に、座禅では「吐く」息が大切です。まずはお腹をしっかりとへこますように息を吐ききりましょう。すると、自然と「吸う」息が続きます。お腹を空気で満たすようなイメージで息を吸ったら、軽く息を止めて息を溜めます。

その後、再度息をしっかりと吐き切る、というように呼吸を続けていきます。このときに、おへその下辺りにある丹田を意識すると楽に呼吸ができます。

人それぞれ呼吸のタイミングがありますが、座禅をはじめたばかりの人は「3秒吸う・2秒ためる・15秒で吐き切る」を目安に行ってみましょう。これを15セット繰り返すと、約5分かかります。

はじめはあまり無理して長く続けようとせず、短い時間から慣れていくのがいいかもしれません。慣れてきたらぜひ自分なりのリズムを見つけて行いましょう。

この「リズム」が無心になるためにはとても重要です。呼吸に集中すると、余計なことを考えにくくなります。

座禅を毎日の生活に取り入れてみよう!

部屋で座禅を行う女性

座禅はいつ行ってもいいですが、おすすめは朝起きてすぐと夜寝る前です。

朝目が覚めてすぐの状態はまだ頭がぼーっとしていますが、座禅を行うと眠っていた脳がすっきりと目覚め、頭を切り替えることができます

また、ゆっくりとした呼吸によって集中力が高まり、仕事や勉強の効率アップにも期待ができます。

1日の終わりの夜には、座禅によって疲れやストレスをほぐし、緊張状態からリラックス状態へと導いてくれます。自分の好きなお香やアロマなどを焚くと、よりリラックス効果が高まります。

もし膝や腰に痛みを抱えている場合には、椅子に座ったままできる「椅子座禅」という方法もあります。

やり方は普通の座禅と同じで、ただ椅子に座って行うだけです。座禅はハードルが高いと思っていた人も、これなら手軽に自宅でできるのではないでしょうか。

姿勢と呼吸に集中する座禅を毎日の生活に取り入れて、ストレスフリーな毎日を送りましょう。

関連コンテンツ

関連記事