酸性泉とは

酸性泉acidic-spring

酸性泉とは?

酸性泉とは、酸性度の高い泉質の温泉のことで、温泉1kg中に水素イオンを1mg以上含有している温泉となります。

酸性泉は酸性度が高いため、入浴した時に肌への刺激も強いという特徴があり、ピリピリとした刺激を感じる事もあります。その性質から酸性泉は殺菌力がとても高く、泉質別適応症は「慢性皮膚病」となっています。

具体的に言うと、白癬症(水虫)、湿疹、疥癬、トリコモナス膣炎などの皮膚のトラブルへの効果や、その酸性の性質で肌の古い角質を落として、新陳代謝を向上させる効果があるといわれています。

しかし酸性泉は刺激が強いため、皮膚病などの人が入浴し、お湯をそのまま肌に付けておくことで、湯ただれを引き起こすことがあります。酸性泉から上がるときは、真水のシャワーで洗い流すのが安心です。

これらの特徴から、高齢者や病後の人、乾燥肌の人には向いていない泉質だとも言えます。酸性泉は湯あたりしやすいという特徴もありますので、長時間の入浴は控えた方が良いでしょう。

他の泉質では、飲泉でも何らかの効果を期待できることが多いのですが、酸性泉はそのまま飲むと、消化管にトラブルを引き起こしてしまう可能性がありますので、飲泉は行わない方が良いといわれています。

関連コンテンツ

関連記事