獲得免疫とは

健康・美容 用語集 > 獲得免疫
獲得免疫acquired-immunity

獲得免疫とは?

獲得免疫とは、生後に感染することや予防接種によって得た、後天的な免疫を言います。

免疫力や自然治癒力の主役である免疫の仕組みは、自然免疫系と獲得免疫系の二つの免疫系の連携によって成り立っています。

自然免疫系とは、体内に侵入したウイルスや細菌などに対して、目印(標識)の有無に関係なく、真っ先に起こる免疫応答の事で、マクロファージNK細胞といった免疫細胞がこれに当たります。

自然免疫の由来は、人が生まれつき持っている免疫反応から来ており、文字通り生まれつき人など動物が持っている、自分のカラダを感染から守る仕組みとして働きます。

一方、獲得免疫とは自然免疫を潜り抜け、体内で増殖を始めたウイルスや細菌に対して働くことが知られている免疫です。

一般的に、抗原となるウイルスなどの標識を認識し、その標識を元に抗原に合った免疫反応を起こす特徴があります。

この獲得免疫で起こる免疫反応では、自然免疫で働く細胞よりも強い反応を示す、T細胞B細胞といったリンパ球が活躍します。

抗原に出会う事によって、このリンパ球が大量に増産され免疫反応を引き起こすことが知られています。

この獲得免疫の大きな特徴は、一度体内に侵入したことのある抗原を記憶することで次に同様の抗原が侵入した際に、標識を利用して素早く強い免疫反応を起こすことができる点にあります。

関連コンテンツ

関連記事