アレルギー反応とは

健康・美容 用語集 > アレルギー反応
アレルギー反応allergic-reaction

アレルギー反応とは?

アレルギー反応とは、カラダに備わっている免疫が、過剰に反応して起こる症状です。

カラダは、ウイルスなどの異物が入ってきたときには退治し、そのウイルスに対して抗体を作ります。

抗体が作られると 、そのウイルスなどの異物が侵入したときに、それらを体内から除去しようという働きが起こります。

しかし、この抗体が、例えばハウスダストや花粉など、人体にさほど害を与えないものに対して作られてしまうと、本来ならばたいして害のないそれらが有害物質として認識され、除去しようと攻撃を開始します。

その攻撃が過剰になると、アレルギー反応として現れるのです。その代表的なものに、ハウスダストアレルギー花粉症、何らかの食べ物アレルギーなどがあげられます。

アレルギー反応を引き起こす原因のものを、アレルゲンと呼びます。アレルギー反応は、このアレルゲンが体内に入ったときに、免疫細胞がヒスタミンを放出するために起こります。

免疫細胞はアレルゲンを攻撃する役割を持ち、ヒスタミンはアレルギー反応を引き起こす物質です。

アレルギーにはたくさんの種類がありますが、何がアレルゲンになるのかは人によって異なります。今まで発症していなかったのに突然アレルギー反応が起こることもあります。

病院などでアレルギー検査を行うことができるので、何がアレルゲンになるのか調べておくといいでしょう。

関連コンテンツ

関連記事