ブルーライトとは

健康・美容 用語集 > ブルーライト
ブルーライトblue-light

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、波長が380~500ナノメートルの青色の光です。

目に見える光(可視光線)のなかでも紫外線に最も近く、強いエネルギーを持っています。デジタルディスプレイからも発せられていて、テレビやパソコンだけでなく、スマートフォンからも発生しています。

LEDが普及したことにより、日常生活でもブルーライトに接する機会が増えました。また、ブルーライトは浴び続けることにより、体内リズムや睡眠の質にも影響を及ぼすことがわかっています。

人の体内リズムは、食事のタイミングや、日の出、日の入りなどの網膜に達する光の量によってコントロールされています。現代は、夜でも明るい光の中で過ごしたり、遅くまでテレビやパソコンなどのデジタルディスプレイから発するブルーライトを浴びるような環境にあります。

厚生省のガイドラインでも、寝床についた後に携帯電話やスマートフォンの使用、ゲームをするなどの活動は夜型を招く、と言われています。また、1時間のデジタルディスプレイを使用した際には、15分程度の休憩を取ることが、推奨されています。

デジタルディスプレイの影響が気になる場合には、ブルーライトを軽減する設定をしたり、ブルーライトをカットする眼鏡などを利用すると対応することがきます。

関連コンテンツ

関連記事