塩化物泉とは

健康・美容 用語集 > 塩化物泉
塩化物泉chloride-spring

塩化物泉とは?

塩化物泉とは温泉の種類の一つで、海水のように塩辛く無色透明のお湯のことをいいます。

温泉水1kgあたりに、ガス性のものを除く溶存物質量が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩化物イオンのものが塩化物泉となります。

海の近くにある温泉は塩化物泉のことが多く、日本の温泉の源泉のうち、約27%は塩化物泉で、日本全国の温泉の湧出量の約50%は塩化物泉というデータもあるほど、日本の温泉ではなじみ深いものだということができます。

塩化物泉の特徴は、湯の中に含まれている塩化物イオンの働きで、汗の蒸発を防ぐため、湯冷めしにくくなります。

また、塩化物泉の塩分濃度が高いほど、カラダの深部の体温が上昇するという研究結果もあり、カラダを温める湯として知られています。また、湯あたりしにくく、湯あたりしたとしても、その症状も軽いといわれています。

さらに塩分による殺菌効果もあるため、切り傷などの傷を癒すともいわれています。そのほかの効能として冷え性やうつ障害の改善、月経障害や不妊症、病後回復などへの効果が期待できます。

また塩化物泉は飲用することで、胃液の分泌を促進する働きも期待できますので、胃酸欠乏症や便秘、慢性胃カタルなどに効果があると言われています。ただし、塩分を多く含んでいるため、高血圧の人や腎臓心臓に持病がある人の飲泉は控えた方が良いでしょう。

関連コンテンツ

関連記事