樹状細胞とは

健康・美容 用語集 > 樹状細胞
樹状細胞dendritic-cell

樹状細胞とは?

樹状細胞とは、免疫細胞の一種であり、抗原提示細胞として機能するもののことです。

その表面に樹状の突起があるため、このように呼ばれます。樹状細胞は、抗原(細菌などの異質なタンパク質)を取り込んで、その抗原の特徴をT細胞(免疫細胞の一種)に伝達し、抗原に対するT細胞の攻撃性を活性化します。

樹状細胞は、異物侵入を感知して異物の情報を、免疫作用を発現するT細胞に伝達するだけです。

樹状細胞は、癌治療の免疫療法に利用されることがあります。癌細胞は正常細胞とわずかに違う性質があり、その僅かな違いは癌細胞の表面にある、特殊なタンパク質(癌抗原)で判定します。

癌ワクチン製剤の投与によって、樹状細胞に癌抗原を取り込ませることで、癌細胞を異物と認識できれば、T細胞は樹状細胞から情報を得て、癌細胞だけを特異的に攻撃するようになります。

癌治療の代表的手法である外科手術では、腫瘍部分を中心に正常部分も含めて幅広く切除する必要があります。そのため、抗癌剤を使う化学療法では正常な細胞も傷つけ、放射線療法でも同じく正常な細胞にダメージを与えます。

しかし、樹状細胞を介した免疫療法では、T細胞が癌細胞だけを攻撃して、正常な細胞にダメージを与えることがありません。

このように、樹状細胞は攻撃対象を指示する司令官の役割を果たし、T細胞は教えられた攻撃対象を攻撃する兵卒の役割を果たします。

関連コンテンツ

関連記事