栄養補助食品とは

健康・美容 用語集 > 栄養補助食品
栄養補助食品dietary-supplement

栄養補助食品とは?

栄養補助食品とは、別名サプリメントと呼ばれており、以前は機能性食品と言われていました。

人間が生きていく上で、必要な栄養成分を補給するために摂取する食品で、カプセルやパウダー状になっているものが多いです。

本来、5大栄養素は食事で摂取することが理想ですが、忙しさや偏食などにより必要な栄養が不足することがあります。その場合に健康を損ねないようにと、栄養補助食品を活用する人が増えているのです。

栄養補助食品は医薬品ではないので、効果や効能の表示はできませんが、1日の摂取するべき適量や摂取方法、そして配合されている成分表示などが、義務付けられています。たくさん摂取すれば良いというものでもなく、指示事項を守って取り入れることが大切です。

栄養補助食品は主に、ビタミン・ミネラル・ハーブの3種類と、それ以外の成分に分けられます。それ以外の成分としては、酵素やアミノ酸などが挙げられるでしょう。1種類のみの栄養補助食品もあれば、1錠に複数の栄養成分が含まれているものもあります。

栄養補助食品の種類は年々増えており、病気の予防や健康促進、さらに美容のためなどに取り入れる人も増えています。自分の体質や目的に合ったものを服用後の様子も見ながら取り入れるように心がけたいものです。

関連コンテンツ

関連記事