運動神経とは

健康・美容 用語集 > 運動神経
運動神経motor-nerve

運動神経とは?

運動神経とは、脳や脊髄(中枢神経)が手・目・皮膚などから受け取った信号を、各体の器官へと命令を出すための神経のことを意味します。

運動神経は、末梢神経のひとつです。末梢神経は刺激や命令を伝える神経で、「体性神経」と「自律神経」の2つに分類されます。

さらに、「体性神経」は意図的な活動が可能な神経で、随意神経とも呼ばれていて、「求心性神経」に分類される「感覚神経」と、「遠心性神経」に分類される「運動神経」がありあす。

「感覚神経」は、目や鼻、手や足(感覚器官)などから受けた刺激や感覚を、中枢神経に伝えます。

そして、「運動神経」は、中枢神経からの命令を筋肉に伝え、カラダを動かしたり、内臓にも伝える神経です。

手や足で感じた熱さや痛みが感覚神経によって伝えられると、手や足をその場から急いで離れるようにと運動神経が伝えます。また、眼球や舌、口などの顔全体を動かしたり、食べ物を飲み込む「嚥下」もします。

運動神経は、右半身の運動を左大脳半球が、左半身の運動は右大脳半球が役割を担っています。

関連コンテンツ

関連記事