アウターマッスルとは

健康・美容 用語集 > アウターマッスル
アウターマッスルouter-muscle

アウターマッスルとは?

アウターマッスルとは、カラダの表層に存在する筋肉です。

目で皮膚の上から確認でき、直接手で触れられる位置にある筋肉のことを言います。例えば、太ももの筋肉である大腿四頭筋や、肩の筋肉である三角筋、二の腕の筋肉である上腕二頭筋などがそれにあたります。

アウターマッスルは、カラダを動かしたり骨を衝撃から守る役割や、鍛えることで瞬発力を高めることができます。

一方、骨や内臓の近くにある深層部の筋肉はインナーマッスルと呼ばれ、正しい姿勢や、関節の位置を保つ機能を有しています。

アウターマッスルは、無酸素運動の筋トレで鍛えることができます。反対に、インナーマッスルは体幹トレーニング有酸素運動などによって鍛えます。

インナーマッスルは深層部にあるため、自身で確認することができませんが、アウターマッスルは、鍛えることで目に見えてトレーニングの効果を実感することができます。

アウターマッスルを鍛えるには、強度の高い筋トレや、無酸素運動が有効といわれています。ただし、鍛えすぎると筋肉が増えカラダが大きく見えるため、筋肉で太ったように見える原因になります。

スリムな体型を目的としている女性が筋トレを行う場合には、アウターマッスルはほどよく鍛え、インナーマッスルをしっかりと鍛えるのがよいでしょう。

アウターマッスルを鍛えるのに運動と併用したいのが、タンパク質を多く含む肉や魚を食べることです。低脂肪・高タンパクのささみがボディービルダーに人気なのはそのためです。

効果的にアウターマッスルを鍛えるのを期待するのであれば、食事とトレーニングの併用が不可欠ですから、プロテインやサプリメントなどを併用する方もいます。

関連コンテンツ

関連記事