骨盤とは

骨盤pelvis

骨盤とは?

骨盤とは、大腿骨と脊柱の間で体を支える骨です。

大まかに言うと、腰の部分からお尻の下までの骨になります。骨盤は、左右1対の「仙骨」「寛骨」「尾骨」の骨から構成されます。

妊娠や出産を経験する女性にとって、とくに骨盤は影響を受けやすい部分です。出産によって骨盤が大きく開き、産後は特に骨盤が歪みやすいと言われています。

産後は時間をかけて、ゆっくり左右交互に縮んで元の位置に戻ろうとします。ですが、妊娠と出産で左右のバランスが崩れると、正常に戻り辛くなるのです。産後は、特に6ヶ月が重要とされているので、なるので早めに骨盤矯正を受けるのがいいかもしれません。

また、妊娠や出産を経験していなくても、男女関係なく骨盤は歪むことがあります。横座りや椅子で足を組む、猫背などが原因となり、以外にも胡坐も体を歪める姿勢となります。骨盤周りの筋肉のバランスが悪くなることで、骨盤に影響を及ぼします。

骨盤の歪みがあると様々な美と健康を脅かす原因となります。骨盤周辺の血流が悪くなり、脂肪の燃焼が低下して太りやすくなります。また、産後は体重が減っても、下腹が出やすくなります。

ほかにも、肩こり腰痛むくみ冷え性、O脚などのトラブルが起こりやすくなります。

骨盤が正しい位置に戻ると、内臓も正常な位置で機能し栄養素の吸収がよくなります。血行が促進されて基礎代謝もあがり、痩せやすい体になります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク