理学療法とは

健康・美容 用語集 > 理学療法
理学療法physical-therapy

理学療法とは?

理学療法とは、さまざまな理由によって運動機能が低下した人々に対して、低下した機能の維持や向上を目的に、多くの物理的手段を用いて行われる、一連の治療行為のことです。

理学療法を専門に担当する医療従事者のことを、理学療法士と言います。理学療法士は、患者の痛みや麻痺からの回復を目的として、マッサージをしたり、患部を暖めたり、冷やしたり、電気刺激を与える等の物理療法を行います。

理学療法士は、担当患者が日常生活に不可欠な基本動作を行う能力を、回復(あるいは再び獲得)することを目指して運動療法を行います。

運動療法を通じて患者は「起き上がる」・「立つ」・「歩く」等、日常の基本的な運動を行う際の、正しい動作の方法を学習することができます。

理学療法士はこれらの治療行為を通じて、患者の身体機能や痛みの評価や分析を行います。その結果から患者の現在の問題点を見つけだして、さらに最適な治療や再発予防に役立つことになる、新しい物理療法や運動療法のプログラムを提供します。

理学療法士は病院や施設で、リハビリテーションを担当するだけでありません。患者が地域や自宅において生き甲斐のある生活が送れるように、福祉用具の効果的な使い方等をさまざまな点をアドバイスし、患者の社会参加をサポートすることもあります。

理学療法は、このように理学療法士の幅広い活動に支えられている、奥の深い活動です。

関連コンテンツ

関連記事