入眠儀式とは

健康・美容 用語集 > 入眠儀式
入眠儀式soporific-action

入眠儀式とは?

入眠儀式とは、寝つきを良くするために就寝前に行う自分独自のリラックス習慣のことをいいます。

入眠儀式という言葉は、育児の際によく耳にする言葉です。赤ちゃんや小さい子どもに向けて行われる行動に分類されますが、大人でもあっても行えます。

入眠儀式と意識して何らかの行動をすることもあれば、毎日何気なく行っている行動が入眠儀式になっていることもあります。

赤ちゃんや小さい子どもに対する入眠儀式とは、なかなか寝付けない子どもに対して、保護者がもう寝る時間であると意識させ、寝かしつけるために必要となります。

大人の入眠儀式はさまざまで、自身がリラックスできる方法であることです。近年は、ストレス社会とも言われるほど、ストレスによって寝つきが悪い、不眠症睡眠の質が悪いなど悩む方が多くなっています。

夜は部屋の明かり落としたり、ヒーリング音楽を聴く、読書、アロマを焚くなどが挙げられます。

また、人によってはトイレに行ったり、寝間着に着替えたり、歯を磨いたりすることも、ある程度習慣づいていると、知らぬうちに入眠儀式になっていることもあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク