ビタミンC誘導体とは

健康・美容 用語集 > ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体vitamin-c-derivative

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは、もともと壊れやすかったビタミンCの成分を、ビタミンCの力が損なわないように、人工的に改良し安定化させた成分です。

美肌効果があると言われているビタミンCですが、従来のビタミンCを肌に塗ったとしても、その成分が脆く壊れやすいため、ほとんど皮膚への浸透は期待できませんでした。

しかし、ビタミンC誘導体を使用すると、皮膚への浸透力が高くなると同時に、皮膚内に浸透してからビタミンCに変換するという特徴もあります。

ビタミンC誘導体には、「水溶性」と「油溶性」の2種類があります。水溶性は皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容水に配合されています。

一方、油溶性は、水溶性であるビタミンCに油を結合させているため、クリームなどに配合されています。

ビタミンC誘導体の効果としては、抗酸化作用新陳代謝を促す作用があり、日焼けなどによってできてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用など、肌にとって多くのメリットがあります。

さらには、ビタミンC誘導体は分子が小さくなっているため、肌に浸透しやすく真皮でコラーゲンの成分に働きかけ、シミシワ、肌のたるみの改善も期待できます。

ビタミンC誘導体の皮脂分泌のコントロール作用は、乾燥肌の方が使用すると皮脂量を減らして乾燥させてしまう可能性があるため、使用する際には注意が必要です。

関連コンテンツ

関連記事