食品・食材野菜 一覧ししとう栄養効果
ししとうsweet-pepper

ししとうの栄養と押さえておきたい効果について

ししとうの栄養と効果

おなじみの緑黄色野菜の一つである、ししとう。ナス科の野菜であり、唐辛子の一種です。

ししとうは唐辛子の中でも、辛くない唐辛子(甘唐辛子)ですが、ごくまれにピリっと辛いものも存在します。

高知県が主な産地で、旬は夏場ですが、1年中天ぷらや炒め物などで広く食卓に上る人気野菜。

今回はししとうの栄養について、その効果や効能をお話します。

β-カロテンが豊富!- 粘膜や皮膚の健康と視力維持の効果

ししとうには、β-カロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンは、粘膜や皮膚の形成や免疫機能を正常に保つために必要な栄養で、ししとうのような緑色の濃い野菜に多く含まれています。

また、正常な視力の維持にも効果があるので、疲れ目にも優れた効能を発揮します。

β-カロテンは体内ではビタミンAとしても変換されるため、他の栄養素の働きを助ける効果もある優れた栄養素です。

ビタミンB6も多く含有!- 脂質代謝効果と美容面の効能

ししとうには、ビタミンB6も多く含まれています。

肝臓脂質代謝を促す栄養素であるビタミンB6を摂取することで、太りすぎで気になる脂肪肝の予防や改善も期待できます。

また、皮膚や髪、爪や歯などの組織を正常化させる働きもあるので、健康面のみならず美容面でも、威力を発揮。

さらには、ビタミンB6には免疫を正常化させる意味で、アレルギーの治療や予防にも効能があるとされ、各方面で研究がされています。

豊富なビタミンCの含有率!- 美白・アンチエイジングに効果

ししとうには、肌の美白やアンチエイジング効果が期待されるビタミンCが、たっぷり含まれています。

ビタミンCには抗酸化作用が強いため、老化の原因でもある体内の活性酸素を除去し、お肌を美しくサポートします。

さらにビタミンCには、免疫力の向上で風邪予防の効能もあり、冬場に重宝する栄養素のひとつです。

ビタミンKが際立った含有率 – 優れた止血効果と骨粗しょう症予防効果!

ししとうには、脂溶性のビタミンである栄養素、ビタミンKがとても豊富です。

ビタミンKには正常な血液凝固を促す止血効果があり、別名は「止血のビタミン」

さらには、健康な骨の形成を促す効果や、骨粗鬆症の予防効果もあります。

女性にとっては出産時の止血効果、閉経後の骨粗鬆症予防など、多くの効能が期待できます。

モリブデンが多く存在!- 貧血予防をサポートする効果

ししとうにモリブデンが多く存在しています。

モリブデンミネラルに分類される栄養素の一つで、体内の鉄分の利用を促して貧血を予防する効能があります。

また尿酸の再生効果もあるほか、食道ガンの予防にも効能があり、研究が進んでいます。

小さくて果肉の厚いししとうのメリット

その見た目が、しし(獅子)の頭に似ていることから名づけられた、ししとう。

ししとうは果肉が厚いため、熱に弱いビタミンCでも比較的壊れにくいというメリットがあります。

また調理時に油脂を使うと、含有率の高いβ-カロテンの吸収率も高まるので、栄養を効率的に摂ることができるため、おすすめです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク