ヒートショックプロテインとは

健康・美容 用語集 > ヒートショックプロテイン
ヒートショックプロテインheat-shock-protein

ヒートショックプロテインとは?

ヒートショックプロテインとは、熱を与えることによって発生するタンパク質のことをいいます。

傷んだ細胞を修復する働きによって、紫外線によるシミストレスから肌を守ってくれるというのが、ヒートショックプロテインの特徴です。

さらに、免疫細胞の化、乳酸の発生を抑える作用もあるため、肌にも体にも嬉しい存在として注目が集まっています。

ヒートショックプロテインを増やすには、熱によるストレスを体に加えなければなりません。目安となるのは体温を舌下温で38度まで上げることです。平熱が低い方は、現在の体温にプラス1.5度アップを目指すのが良いそうです。

しかし、通常の生活でそこまで体温を上げるのは難しいため、効率的に増やすには入浴時に一工夫加える必要があります。ヒートショックプロテインを増やす入浴法に大切なのが、温度と時間です。

入浴では、42度のお湯に10分、41度なら15分、40度では20分間、浸かります。毎日では体が慣れてしまうため、2、3日おきに実施するのが効果的です。のぼせそうな場合は、休憩をはさみながらでもいいそうです。

ヒートショックプロテインは、一度発生すれば1週間は体内に残るという性質を持っています。最大限パワーが発揮されるのは入浴から2日程後になるので、特に元気になりたい日から逆算して、この入浴方法を実践するのも効果的です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク