アンチエイジングとは

健康・美容 用語集 > アンチエイジング
アンチエイジングanti-aging

アンチエイジングとは?

アンチエイジングとは、抗老化医学とも呼ばれる老化を防ぐために行う総称で、加齢によるカラダの衰えをできるだけ抑え、心身ともにいつまでも若々しくいるための予防や改善です。

アンチエイジングという言葉は、エイジング=年齢を重ねる・時を経る「加齢」アンチ=抵抗・反対からきています。

老化の原因には、カラダを錆びつかせる活性酸素、ホルモン低下、血管や肌の弾力を失わせるAGE(タンパク質を糖が結合した物質)があります。

老化といわれる症状は様々で、血管や肌の老化、抜け毛薄毛老眼更年期障害骨粗鬆症などで、中年期以降に現れ40代から加速すると言われています。

アンチエイジングには、抗酸化作用を高め活性酸素血糖値の抑制が有効です。

栄養面ではポリフェノールビタミンCビタミンE食物繊維、良質な脂質。主な食品はぶどうアボカドしいたけひじきイワシオリーブオイルです。

また、血糖値の上昇を抑えるために食物繊維タンパク質炭水化物の順番で食べるのも効果的です。

生活面ではウォーキングヨガ、無理のない運動、良質な睡眠ストレス解消など規則正しい生活習慣が重要です。

その他、肌のシミしわ・たるみには保湿が大切で、肌や年齢に合うエイジングケア表示の化粧品の使用が肌老化の予防・改善につながります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク