鯛の旬は?

sea-bream

鯛の旬の時期は1~3月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 鯛(たい) 分類 スズキ目タイ科
旬の時期 1~3月ごろ 主な産地 兵庫、愛媛、長崎など
効果 カラダの組織作り、アンチエイジング、脳機能の向上など(詳しくは鯛の効能へ)

鯛の旬は1~3月の冬から春にかけて

鯛の旬は1~3月の冬から春にかけてです。

鯛には、真鯛(まだい)、黄鯛(きだい)、黒鯛(くろだい)、血鯛(ちだい)などの種類があります。

最も高級魚として扱われるのは真鯛で、その旬は1月から3月の冬から春にかけてとなります。黄鯛も真鯛と同じく春ごろに旬を迎えます。

ちなみに、ハナダイやチコとも呼ばれる血鯛は産地にもよりますが、夏から秋に旬を迎えます。

鯛は日本中どこでも生息していますが、アマチュアの釣り人が釣り上げるのは稀で、珍重されている魚です。

天然物と養殖ものに別れますが、主な養殖地は、明石、瀬戸内海などが挙げられますが、関東近海の鯛は姿が美しいといわれています。

天然物としては、愛知県、長崎県、福岡県での水揚げが有名です。

鯛を美味しく食べるのには、うまみを引き出すために一晩くらい寝かせたものが良いとされています。刺身やなべ物、鯛めしなど様々な料理が楽しめる魚です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク