人工甘味料とは

健康・美容 用語集 > 人工甘味料
人工甘味料artificial-sweeteners

人工甘味料とは?

人工甘味料とは食料品に甘味を持たせる添加物の中でも、天然に存在しない物質を用いた物を指します。

人工甘味料は少量でも強い甘味を持つことから食品製造におけるコストが低く、長期間置いても変質しにくいメリットもあります。

また、使用する化学物質の組み合わせを変えることで、多くの種類を簡単に作成できるのも人工甘味料の特徴で、手間をかけずに大量生産することが可能です。

従来の人工甘味料は、使用する化学物質や薬剤の規制が緩かったことから、癌などの疾患を引き起こす危険性が高い製品も市場に流通していました。

ですが、現在では危険性が高い原料の所持や使用は禁止されているので、人体への悪影響は殆どありません。

また、カロリーが少なく体脂肪の蓄積に関与しない性質が注目され、人工甘味料はダイエット食品の味付けに用いられるケースが増加しています。

人工甘味料の種類によってはカロリーが無い物もありますが、ダイエット効果が高い反面、過剰に摂取すると消化器官を刺激して下痢になってしまうケースもあります。

そのため、食品などに表示されている適切な摂取量を守ることがカラダの具合を良好に保ちながらダイエットを行うための条件です。

市販されている人工甘味料は人体への悪影響はありませんが、品質を良好に保って長持ちさせるためには湿気や直射日光などの刺激を避けるように心がけます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク