再生医療とは

キーワード > 再生医療
再生医療regenerative-medicine

再生医療とは?

再生医療とは欠損及び機能が低下した臓器を再生し、機能保管を目指す医療のことです。

従来の医療法では、一度欠損してしまった臓器を再生させることはできませんでした。しかし、再生医療では、臓器が欠損してしまっても再生できるため、根治療法が可能となるのです。

また、再生医療では、高齢者や障害者の生活の質が飛躍的に向上することが期待されています。なぜなら、社会復帰や自立が可能になるからです。

従来の医療では、機能が低下してしまった臓器を再生させることは難しいと言われていました。しかし、再生医療では体外で培養した細胞などを用いることで、臓器を再生させることが可能となり、社会復帰も可能となるのです。

また、再生医療は医療分野のみに止まらず、社会や産業など様々な分野にも変化をもたらすことができる、と期待されています。

従来の医療では、疾病や不慮の事故などで傷を負うと長期間の闘病生活が必要でした。闘病が長期化することにより、経済的負担や精神的負担が大きくなるなど問題化していました。

しかし、再生医療では失われた機能を回復させることが可能なため、これまでのような長期間の闘病生活は必要ありません。そのため、患者のQOLの向上が期待されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク