カニの旬は?

カニcrab

カニ(タラバガニ)の旬の時期は10~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 カニ 分類 タラバガニ科、ケセンガニ科、クリガニ科
旬の時期 10~2月ごろ(タラバガニ) 主な産地 北海道、ロシア、カナダなど
効果 貧血の予防、細胞のアンチエイジング、代謝促進など(詳しくはカニの効能へ)

カニの旬は秋から冬にかけて

カニにはタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニなど色々ありますが、タラバガニを例に挙げると、10月から2月の冬にかけて旬となります。

ちなみに、ズワイガニの旬は11~4月、毛ガニの旬は9~3月。いずれも秋から冬にかけて旬を迎えます。

丁度、お鍋の時期に美味しく食べられるのですね。カニは資源保護のために、漁期が決められています。

そのため旬である冬に解禁となり、正月明けまで漁が続きます。ズワイガニの場合、国内の水揚高は兵庫県が1番、次いで鳥取県、石川県、福井県と続きます。

タラバガニや毛ガニ、花咲ガニ、渡り蟹などは北海道産が多いです。美味しいズワイガニの選び方は、甲羅についているカニビルの数が多いほど美味しいといわれています。

ただし、近年は国内産のカニが少なくなり、国内で流通するカニの多くは、ロシアやアラスカ、カナダなどから輸入されます。

カニは雄と雌とで体の大きさが異なるのも特徴で、雄は大きく、雌は小さいですが卵を抱いていることがあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク