食品・食材果物 一覧ぶどう栄養効能
ぶどうgrape

ぶどうに含まれる栄養とその効能について

ぶどうの栄養と効能

みずみずしい食感と口に広がる甘みが特徴のぶどう。

食用としても有名ですが、ワインやジュース、ゼリーなど加工品としても親しまれていますね。

今回はそんなぶどうについて、具体的に含まれる栄養と効能をご紹介します。

アントシアニンが豊富に - 動脈硬化予防、視力の回復効果

ぶどうにはアントシアニンが豊富に含まれています。

アントシアニンとは、ポリフェノールの栄養素の一つで、活性酸素を無害化する抗酸化作用があります。

この抗酸化作用により、動脈硬化や心筋梗塞の予防、老化防止、視力の回復などの効能が期待できます。

ケルセチンとレスベラトロールで高血圧とがんを予防!

ぶどうにはケルセチンとレスベラトロールも含まれています。

なんだか、あまり聞いたことのない栄養素ですね。

ケルセチンとレスベラトロールは、ともにポリフェノールの一種で、ケルセチンは高血圧を予防する効能、レスベラトロールはがんを予防する効果があります。

果糖とブドウ糖の効能 - 疲れたカラダにエネルギーチャージ!

ぶどうには果糖ブドウ糖がたくさん含まれています。

果糖とブドウ糖は、単糖類に分類される栄養素で、糖質が主成分となります。

これらの糖質は、体内ですばやくエネルギーに変わるため、肉体疲労時や病中病後などの栄養補給に適しています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク