マンゴスチンmangosteen

マンゴスチンの旬の時期は6~7月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 マンゴスチン 分類 オトギリソウ科フクギ属
旬の時期 6~7月ごろ 主な産地 タイなど
効果 アンチエイジング、眼精疲労の回復、ダイエット(詳しくはマンゴスチンの効能へ)

マンゴスチンは初夏が美味しい旬の時期

マンゴスチンの旬は、6~7月の初夏とされています。南国フルーツだけあって夏が食べごろですね。

マンゴスチンは世界三大フルーツである、マンゴー、チェリモヤ・アテモヤのひとつです。また、マンゴスチンは「果物の女王」とも呼ばれ「果物の王様」がドリアンです

現在、日本に輸入されているマンゴスチンは、ほとんどがタイ産です。

マンゴスチンは、熱帯地方でしか栽培が不可能なため、国内ではまったく作られていません。南国の沖縄県でさえ未だに栽培には成功していません。

以前は、冷凍のマンゴスチンが輸入されていましたが、2003年から生のマンゴスチンの輸入が解禁されました。

マンゴスチンは、ポリフェノールを含み動脈硬化や高血圧の予防、アンチエイジングへの効能があります。

マンゴスチンを選ぶポイントは、皮が軟らかく弾力を感じるものが良いです。乾燥が大敵なので、濡れた新聞紙で包みビニール袋に入れて冷蔵庫で保管します。

食べ方は、皮に5㎜ほどの深さで切込みを横に一周入れ、皮を二つに割ってスプーンで食べるのが最適です。

また、マンゴスチンを食べる時の注意点としては、皮の赤い液が衣服につくと落ちないので気をつけて下さい。

皮に含まれる赤い樹液は染料にも使われるほど強力なためです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク