食品・食材果物 一覧バナナ栄養効果
バナナbanana

栄養満点の万能食材! バナナの栄養と優れた効果

バナナの栄養と効果

栄養の高い果物の代表格であるバナナ。ねっとりとした甘味が特徴で、簡単に皮をむけて食べられるお手軽さも良いですね。

ダイエットスムージー、スイーツなど、美容や健康でも頻繁に登場する万能アイテムですね。朝食時に摂っている人も多いでしょうし、運動時の栄養補給に使っている人も多いでしょう。

今回はそんなバナナについて、バナナの栄養と効果をご紹介します。知っているようで知らないバナナの魅力を探っていきましょう。

即効性のあるエネルギー源となる効果 - 果糖、ブドウ糖

バナナには優れた栄養が多く含まれていますが、その中でも注目すべきは炭水化物です。

バナナと主な果物類との炭水化物 含有量の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり)

バナナには豊富な炭水化物が含まれています。上のグラフを見て分かるように、ドリアンには劣りますが、果物では第2位の炭水化物含有量を誇ります。

炭水化物は糖質と食物繊維の栄養素に分けられますが、バナナに含まれている炭水化物の多くは糖質です。バナナには、糖質の一種である果糖ブドウ糖が多く含まれており、消化吸収に優れた効果を発揮します。

また、バナナはご飯半杯ほどのカロリーがあり、持続性のあるエネルギー源としても有効です。よく、マラソン大会でバナナが配られるのはこのためだったんですね。

消化吸収に優れ、持続性のあるバナナは、マラソンでのエネルギー補給には優れています。また、食欲不振時や病後の栄養補給などにもバナナは最適の栄養源です。

食物繊維&オリゴ糖のWパワー - バナナには腸内環境を整える効果

バナナには食物繊維オリゴ糖などの栄養が多く含まれています。

バナナに含まれる食物繊維は、第6の栄養素とも呼ばれ、腸内環境を整える効果があります。また、コレステロールの吸収を抑えたり、血糖値の急激な上昇を抑える効果などが期待できます。

また、バナナに含まれているオリゴ糖は、多糖類に分類される栄養で、の中のビフィズス菌(善玉菌)のエサとなり、こちらも食物繊維同様、腸内環境を整えたり、便秘解消の効能が期待できます。

バナナにはカリウムも豊富に!高血圧の予防、むくみを解消する効果

バナナにはカリウムも豊富に含まれています。

カリウムは、ミネラルに分類される栄養素の一つで、ナトリウムを排泄する働きがあります。

体内のナトリウムがうまく排泄されることで、高血圧の予防やむくみを解消する効果が期待できます。また、カリウムには細胞内外の水分量や浸透圧を調整する働き、筋肉の働きを正常に行う機能などがあります。

ポリフェノールも豊富! 免疫力を高める効能、がん予防など

バナナにはポリフェノールも豊富に含まれています。

ポリフェノールと聞くと、ぶどうやワインなどを連想しがちですが、バナナにもポリフェノールは含まれています。これはちょっと意外ですね。

ポリフェノールとは、植物に含まれている色素やアク、渋みなどの総称で、強い抗酸化作用があります。

ポリフェノールの持つ抗酸化作用により、免疫力を高める効果、老化防止、がん予防などの効能が期待できます。

まだまだあった! バナナの優れた栄養!

バナナには、上記以外の栄養素も豊富に含まれています。

バナナと主な果物類の栄養素の比較

「日本食品標準成分表2015」より (可食部100gあたり)

上記グラフは、各栄養素でバナナと果物平均とを比較したものです。マグネシウム、マンガン、α-カロテン、ナイアシン、ビタミンB6、パントテン酸などが平均値よりも多く含まれていることが分かります。

バナナの栄養がいかに高いかが分かりますね。

バナナの利点は携帯性にも優れています。持ち運びも簡単ですし、皮をむけば簡単に食べられます。通年スーパーにも並んでいますので、すぐに買うことができます。気軽に栄養を補給したいときには優れた食品と言えますね。

関連コンテンツ

バナナの栄養と効果 関連記事

このページを
シェア/ブックマーク