食品・食材魚・魚介類 一覧しじみ効果栄養
しじみfreshwater-clam

小さいけれどすごい効果!しじみの優れた栄養と効果7選

しじみの効果と栄養

ころんとした小さな二枚貝のしじみ。しじみとはシジミガイ科の二枚貝の総称で、日本ではヤマトシジミが多く流通しています。

小さいながらも何とも言えないダシをとるしじみは、お味噌汁の具材として大変人気がありますね。

今回は、そんなしじみの栄養とその効果についてご紹介していきます。

カルシウムたっぷり!- 歯や骨を丈夫にする効果、骨粗鬆症予防にも

しじみにはカルシウムが豊富に含まれていて、その量はあさりの約6倍といわれています。

カルシウムは骨や歯を形成する栄養素で、骨折の予防や子供の発育に効果があります。

また、閉経後の女性は骨密度が減少し、骨粗鬆症にかかりやすくなるので、カルシウムの摂取は必要不可欠です。

鉄分がたっぷり - 貧血の予防と疲労回復に効果的

しじみには動物性のヘム鉄が豊富に含まれているため、鉄分の吸収がいいという特徴があります。

鉄分は赤血球を構成するのに必要な栄養素です。

赤血球は全身に酸素を運ぶ働きや、鉄を蓄える働きがあり、貧血の予防や疲労回復に効果があります。

眠れない夜にはビタミンB12!- 神経維持効果で睡眠を促す

しじみに含まれているビタミンB12は水溶性のビタミンで、ミネラルの一種のコバルトを含むため、「コバラミン」とも呼ばれます。

ビタミンB12には神経機能の維持に効果があるため、なかなか寝つけない夜にはしじみのお味噌汁もおすすめです。

また、ビタミンB12は鉄分の吸収を促す作用があるので、鉄分も多く含むしじみは鉄分の効果を十分に引き出すことができます。

健やかな成長を促すビタミンB2 - 口内炎の予防、肌荒れの予防

しじみにはビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2は脳や神経、皮膚や髪や爪を健康に保つ効果があり、発育や美容に深く関わっている栄養素です。

不足するとニキビ肌荒れ口内炎の原因になるので、予防のためにビタミンB2をしっかり摂りましょう。

熱に弱いビタミンですが、煮汁に溶け出すので味噌汁にして飲むのがおすすめです。

若返りのビタミンE - 老化防止と血行を促進する効果!

しじみにはビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンE活性酸素を抑える働きがあり、体内の酸化を防ぐことから「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

最近、身体の衰えを感じるようになったという人にはおすすめの栄養素です。また血行を良くする効果があるため、肩こり冷え症の予防にも効果的です。

必須アミノ酸オルニチン - 肝機能改善、二日酔い回復!

しじみにはオルニチンという必須アミノ酸が含まれています。

オルニチンには肝臓の働きを助ける効能があり、二日酔いの解消に効果があります。

また。新陳代謝を活発にして免疫力を高めることで、疲労回復や風邪の予防にも効果的です。

「二日酔いにはしじみのお味噌汁」というのも、このオルニチンのおかげなんです。

旨み成分コハク酸 - 肥満の予防にも効果的!

あまり聞きなれない栄養成分ですが、しじみには旨み成分であるコハク酸が含まれています。

コハク酸はコレステロール値の上昇を抑える働きがあるため、肥満の予防に効果があります。

しじみを冷凍すると、コハク酸が2~3倍に増えるので、効果を実感したい方は冷凍保存してから調理をしてみてください。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク