いよかんの旬は?

いよかんiyokan

いよかんの旬の時期は1~2月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 いよかん 分類 ミカン科ミカン属
旬の時期

1~2月ごろ

主な産地 愛媛、和歌山、佐賀など
効果 脂肪燃焼の促進、抗酸化作用、風邪予防(詳しくはいよかんの効能へ)

いよかんの旬は1月から2月、貯蔵して甘みを引き出す

いよかんの旬は1月から2月。コタツのお供に丁度良い時期なのですね。

いよかんは、収穫後しばらくの間、腸蔵してから出荷します。そのため、早いところでは11月頃から収穫し、収穫時期とおいしい旬の時期に差があります。

いよかんは、日本が原産とされていて、明治時代に山口県の萩市で発見されたのが始まりです。

その後、愛媛県で主に栽培されるようになり、伊予の国で作られるみかんのため、“伊代柑”と名付けられました。

いよかんは現在でも愛媛県の特産品で、日本全国の収穫量の90%を占め最も多く収穫。次いで、和歌山県、佐賀県などで栽培されています。

いよかんには、ビタミンCとシネフィリンが多く含まれていて、風邪予防に大きな効果があるといわれています。

また、クエン酸も含み、疲労回復にも効果があります。

おいしいいよかんは、下手の部分が小さくて皮にハリとツヤがあり、色が濃いものとされています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク