食品・食材魚・魚介類 一覧ぶり栄養効能
ぶりyellowtail

濃厚な味わいがたまらない!ぶりの栄養と効能3選

ぶりの栄養と効能

寒い季節に旬を迎え、冬の味覚としてもおなじみのぶり。

大きさによって呼び方が変わる出世魚で、地方によってさまざまな呼び方があります。代表的なものにはワカシ、イナダ、ワラサ、ハマチなど。

青魚のなかでもとくに濃厚な味わいがあり、刺身にしたり照り焼きにしたりと食べ方を選びません。

今回は、そんなぶりの栄養と効能について。青魚のなかでもトップクラスの栄養を誇るぶりの魅力に迫ります。

タウリンのホメオスタシス作用 - 細胞の働きを正常に保つ

ぶりの身、とくに血合い(血液が集中して赤黒くなっている部分)にはタウリンが豊富に含まれています。

栄養ドリンクに配合されていることが多いタウリンには「ホメオスタシス」があります。

ホメオスタシスは恒常性を意味し、正常な状態で維持するということをあらわす言葉です。

たとえば血圧が高い方には血圧を下げる働きを、内臓が弱っている方には内臓の働きを活性化する働きをします。このように、身体を健康的で正常な状態に保つのがタウリンの効能なのです。

血管を修復するPOA - 脳梗塞や脳卒中を防ぐ心強い栄養

POA(パルミトオレイン酸)は、主にナッツ類に含まれている成分ですが、実はぶりにも豊富に含まれています。

POAは不飽和脂肪酸の一種で、脳内の血管に入り込めるという特徴があります。脳内の血管に入り込んだPOAは、血管の細胞壁を修復したり強化したりするための栄養になります。

そのため、POAを豊富に含むぶりを食べることで、脳の血管を強くして、脳梗塞や脳卒中といった病気の予防につながります。

青魚に豊富なDHA - 中性脂肪を低下させてサラサラ血液に

魚の脂肪に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)は、ぶりの主要な栄養素です。

DHAは記憶力や集中力を向上させて頭をよくする栄養素として知られていますが、実は中性脂肪を低下させて血液をサラサラの状態に保つ効能もあります。

また、ぶりにはDHAと同様の働きをみせるEPA(エイコサペンタエン酸)も豊富に含まれていることから、動脈硬化など血管系の病気が心配な人にはとくにおすすめの食材です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク