食品・食材果物 一覧りんご栄養効能
りんごapple

りんごの栄養と効能 - 多彩な栄養効果を持つ万能フルーツ

りんごの栄養と効能

人類が食した最古の果物と言われているりんご。

現代の私たちにも大変なじみが深く、まさに果物を代表する果物と言えますね。

今回はそんなりんごについて、りんごの栄養とその効果・効能をご紹介します。

注目の栄養素ペクチンが豊富に - 腸の調子を整える効能

りんごで最初に注目すべき栄養素はペクチンです。

ペクチンとは、食物繊維の一種で、りんごの皮と果肉に含まれています。

ペクチンは腸の有害物質を排泄する働きがあり、腸の調子を整える効能があります。

ポリフェノールも豊富!- 老化やがんの予防効果

りんごにはポリフェノールも豊富に含まれています。

りんごにはアントシアニンやケルセチンといったポリフェノールの栄養成分が豊富に含まれており、活性酸素を除去する効能があります。

体内の活性酸素が除去されることにより、老化防止やがんの予防効果が期待できます

カリウムも豊富に - 細胞内の水分量や血圧を調整する効果

りんごにはカリウムも豊富に含まれています。

カリウムはミネラルに分類される栄養素で、細胞内の水分量を調節したり、血圧を安定させたりする効果があります。

もちろんビタミンCも - 美肌やストレス対策にも

りんごにはビタミンCも含まれています。

ビタミンCには、アンチエイジングストレスの軽減、美肌効果、免疫力の向上といった効能があります。

リンゴ酸やクエン酸で疲労回復効果!

りんごにはリンゴ酸やクエン酸といった有機酸が含まれています。

りんごの酸っぱさがコレですね。

リンゴ酸やクエン酸は、TCAサイクルの合成を円滑にする働きがあり、疲労回復に効果的です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク