食品・食材黒砂糖栄養効果
黒砂糖brown-sugar-lump

健康への関心が高まる黒砂糖 - 黒砂糖の栄養と効果とは?

黒砂糖の栄養と効果

黒砂糖は、コクのある風味豊かな味わいが特徴の砂糖です。

沖縄の特産物としても知られ、和スイーツやケーキ、さらに沖縄では豚の角煮にも使われ、お菓子や料理と幅広く活躍しています。

黒砂糖は、サトウキビを絞った汁を精白せずに作るため、そのままの風味を生かし多くの栄養も含むため、健康への注目が高まっています。

今回は、そんな黒砂糖に含まれる豊富な栄養とその優れた効果についてです。

注目の成分フェニルグルコシド - 糖尿病・生活習慣病の予防に効果

黒砂糖は、フェニルグルコシドを含むことが大きな特徴です。

フェニルグルコシドは、糖の吸収を抑える働きがあることから糖尿病予防に効果があります。

フェニルグルコシドが含まれない上白糖に比べ、黒砂糖は血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

その他、コレステロールの上昇も抑え、生活習慣病の予防にも効果があります。

ラフィノースに注目 - 便秘改善に効果的!

ラフィノースが含まれるのも黒砂糖の特徴です。

天然のオリゴ糖の一種であるラフィノースは、内で善玉菌を増殖させるため便秘の改善に効果があります。

さらに、免疫力アップやアトピー性皮膚炎の改善にも、効果が期待されています

豊富なミネラル - 健康への関心が高まる黒砂糖

黒砂糖はミネラルがとても豊富で、近年の健康志向で黒砂糖を使用する家庭が増えています。

黒糖には、カルシウムカリウム鉄分などのミネラル類、さらにビタミンB6ビオチンなども含みます。

精製されて栄養分が失われた上白糖と違い、黒砂糖はサトウキビを絞って固めた砂糖なので、栄養分がたっぷり含まれています。

黒砂糖には薬として扱われていた歴史がある

黒砂糖は、奈良時代に日本に伝来したと言われています。

当時の薬の目録にも載っていることから、今のように甘味料として使われるのではなく、病気の治療薬として珍重されたと考えられています。

ミネラル類など栄養がたっぷり入っていますから、病気療養時の滋養に優れていたのでしょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク