キウイの旬は?

キウイkiwi-fruit

キウイの旬の時期は12~4月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 キウイ 分類 マタタビ科マタタビ属
旬の時期 12~4月ごろ 主な産地 愛媛、福岡、和歌山など
効果 胃もたれ防止、がん予防効果、便秘解消、美肌効果など(詳しくはキウイの効果へ)

国内産のキウイの旬は12~4月、輸入品もあるため通年出回る

キウイの旬は12~4月ごろになります。

キウイは、ニュージーランドからの輸入品のイメージが大きいですが、国内でも生産されています。

国内産のキウイの旬は12~4月ごろですが、品種によって旬は異なります。

品種ごとのキウイの旬は以下の通りです。

種類 備考
ゼスプリゴールドキウイ 11~1月 やや細長く先端部が絞った形で酸味が少ない。ゼスプリ社と契約している愛媛県や佐賀県で生産。
ヘイワード(グリーンキウイ) 11~5月 果肉はきれいな緑色、甘味と酸味のバランスがよい。世界で最も栽培されている。
レインボーレッド 10月下旬~11月下旬 果肉の中央部分が赤く、酸味が少なめで糖度が高く甘い。
香緑 11~1月 やや細長い円筒形で、酸味が少なく、15~18度と高糖度。
アップルキウイ 10月中旬 リンゴのような形で酸味が少なく多汁で甘さも十分。
ベビーキウイ(さるなし) アメリカ、チリ 同族の近縁種。果実は2、3cm程の大きさで皮に酸味があり果肉は濃厚な甘味。国内産はほぼ自生のため出回らない。

輸入品ではゼスプリ社の、ジューシーでソフトな口当たりのグリーンキウイや、果汁が豊富で糖度が高いゴールドキウイなどもあります。

キウイは、皮の茶色の産毛が全体に均一で、果実にハリや香りがあるものがおいしいとされ、食べる2時間ほど前に冷やすのがポイントです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク