食品・食材こんにゃく栄養効果
こんにゃくkonjac

あなどれない!こんにゃくの栄養と押さえるべき3つの効果

こんにゃくの栄養と効果

こんにゃくは体内の有害物質をキレイにする食べ物であることから、昔から「胃のほうき」と呼ばれ親しまれてきました。

料理での使い勝手がよく、昔からある日本食には欠かせない食材ですよね。

97%が水分でできており、栄養が少ないイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、そんなことはありません!

実はこんにゃく1枚(250g)で、特定保健用食品(トクホ)の規格基準をクリアするくらい食物繊維が豊富な食品なのです。

食物繊維グルコマンナンは腸内のそうじ屋

こんにゃくには、他の多くの食品と違ってエネルギー源となる成分やビタミンミネラルなどが含まれていません。しかし食物繊維である「グルコマンナン」が含まれています。

人間の身体には、これを消化できる酵素がないため、高粘度のまま小腸を通過し、有害物質を排出してくれます。この働きで便秘を予防します。

さらに血糖値やコレステロール値を下げる効果もあります。現代人に多い、脂肪分や糖分の多い偏りのある食生活をしていると、血液中のコレステロールが上昇し、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。

そこで、グルコマンナンをバランスよく摂取することにより、コレステロールの上昇を抑えて、動脈硬化などを予防することができるのです。

カルシウムを効果的に吸収するなら、こんにゃく

こんにゃくはどうして固まるかご存知ですか? それは、こんにゃく芋に含まれるグルコマンナンには、アルカリ性になると水分を吸収して固まる性質があるからです。

こんにゃくの凝固剤には水酸化カルシウムが使用されているため、日本人の食生活で不足しがちと言われているカルシウムが豊富に含まれています。

しかもこのカルシウムは酸に溶けやすい水溶性で、腸内で吸収しやすいのが特徴。こんにゃくは、効果的にカルシウムを補うことができる食品なのです。

肌や髪の毛の保水成分「セラミド」が豊富

こんにゃくの原料であるこんにゃく芋には、皮膚や髪の毛のうるおいを守る働きのある「セラミド」がたっぷり含まれています。

その量は、セラミドが多く含まれている他の食品(米、小麦、大豆、ほうれん草ヨーグルトなど)と比べて7~15倍! 肌のうるおいを保ち、美肌効果が期待できます。

一般的に市販されているこんにゃくは、こんにゃく芋を精粉し、グルコマンナンだけを取り出したこんにゃく粉から作られています。

しかしこの精粉の段階でセラミドは多く失われてしまいます。よりセラミドの効果を得るなら、精粉せずにつくられる生芋こんにゃくがおすすめです。

こんにゃくと寒天のちがいは?

こんにゃくと寒天、大きな違いがないと思って食べていませんか?

こんにゃくの原料はこんにゃく芋なのに比べて、寒天の原料は「テングサ」などの海藻類です。

寒天はこんにゃくと同様に水溶性食物繊維を多く含んでいますが、こんにゃくと異なる点は水や加熱時に溶けたり、冷やすと固まったりする点です。

粘度も異なるので、食物繊維をとにかくたくさん摂取するときは粘度の少ない寒天がおすすめですが、体内に留まる滞留時間が長く満腹感を得られるのはこんにゃくです。

どちらも食物繊維が豊富なうえ、なおかつ低カロリーなのでダイエット中の方にはもってこいの食材です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク