食品・食材飲料 一覧甘酒効能効果
甘酒ama-zake

女性必見!飲む点滴と言われる甘酒の効能・効果

甘酒の効能と効果

甘酒はお正月や初詣に飲むことが多いので、「冬の飲み物」という印象をお持ちの方が多いかもしれません。

ところが、江戸時代には暑い夏を乗り越えるために甘酒が飲まれていました。甘酒はそれほど栄養豊富な飲み物で、「飲む点滴」と称されるほどの効能や効果が期待できます。

甘酒には2種類のタイプがあり、「米麹と米から作られるもの」と「酒粕に水と砂糖を加えて作るもの」があります。

今回は米麹から作られる甘酒の効果や効能についてご紹介します。

甘酒には食物繊維やオリゴ糖が豊富! 便秘やむくみ、くすみの解消に

甘酒に含まれる食物繊維オリゴ糖は、腸内環境を整える効能があるので便秘解消に効果的。

また、便秘が改善されることによって、むくみやくすみが解消されたりとお肌へのうれしい効果も期待できます。

毎朝甘酒を飲めば、1日のいいスタートがきれそうですね。

甘酒に含まれているブドウ糖で満腹感を! 食べ過ぎ防止効果も

甘酒にはブドウ糖も含まれています。

甘酒に含まれるブドウ糖には血糖値を上昇させる効能があり、満腹感を得やすい効果があります。

食事の前に甘酒を飲むと、食べ過ぎ防止にもつながりますので、ついつい食べ過ぎちゃう方にもおすすめですね。

美肌効果、しみやくすみの防止など - 女性に嬉しい効果効能の数々

甘酒にはビタミンB群、コウジ酸、アミノ酸など女性に嬉しい栄養素が多く含まれています。

ビタミンB群には、肌を活性化させてくれる美肌効果がありますし、米麹に含まれるコウジ酸にはメラニンを抑える効能があるので、シミやくすみを防ぐ効能が期待できます。

また、肌にハリやうるおいを与えてくれるアミノ酸には保湿効果があり、空気が乾燥する冬の時期にもおすすめです。

さらなる美肌を追求したい方は、直接お肌に塗ったり、化粧水に混ぜたりしても良いので、その効果や効能を実感してみてくださいね。

桃の節句に飲む白酒は甘酒ではなかった!?

ひな祭りで飲まれる白酒は、一見甘酒と同じような飲み物に思えますが、実はまったく違うものです。ご存知でしたか?

白酒は、蒸したもち米に焼酎または米麹を加えて作り、アルコールが入った「お酒」です。もちろん家庭では作ることができません。

それに対し、甘酒は一晩でできることから一夜酒ともいわれているおり、家庭でも簡単に作ることができます。

柔らかく炊いたご飯に米麹を加えて、一晩発酵して完成です。アルコール成分を含んでいないので、栄養豊富で子どもでも飲むことができます。

関連コンテンツ

甘酒の効果と効能 関連記事

このページを
シェア/ブックマーク