酸化とは

キーワード > 酸化
酸化oxidation

酸化とは?

酸化とは酸素と物質が結合することで起こる化学反応のことです。

人が呼吸することで取り入れた酸素と栄養素が結びつくことでエネルギーになるため、生きるために酸素は欠かすことができない存在になっています。

しかし、酸素の一部は化学反応しやすい活性酸素へと変化します。体内でこの活性酸素が生じることを「酸化」といいます。

活性酸素には善玉と悪玉があり免疫力アップに役立つのが善玉で、病気の原因となるのが悪玉です。

カラダが酸化してしまう原因はいろいろありますが、具体的な要因として不規則な生活とストレス、バランスが悪い食生活などが挙げられます。また、紫外線やダイオキシン、環境ホルモンなども酸化の原因です。

カラダが酸化することで起こる代表的なことが、動脈硬化や肌の老化です。このような酸化を防ぐための対策の一つとして、食べ物を摂取する方法があります。

抗酸化物質として代表的なのがポリフェノールです。大豆に含まれるイソフラボン緑茶に含まれるカテキンなどが一般的で、またトマトに含まれるカルテノイド類のリコピンにも効果があります。

また、目の酸化を防ぐためにUVカット効果があるメガネやコンタクトレンズを使うのも有効です。

人間のカラダには抗酸化力が備わっていますが年齢を重ねることで、減少してしまいます。そのため、体外から抗酸化成分を補って対策することは重要です。継続的にいろいろな食品から幅広く摂取することが大切になります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク