あけびの栄養と効能

食品・食材果物 一覧あけび栄養効能
あけびakebi

あけびの栄養とその効能とは? 昔ながらの秋の味覚を味わおう

あけびの栄養と効能

薄紫色の果皮が特徴的な、あけび。

あけびは、熟して食べごろになると、果皮がぱっくりと割れて中の種が見えるようになります。

ほんのり甘みのある果肉を食べたり、果皮は炒め物や揚げ物、つるは乾燥し生薬として利用されます。

今回は、そんな万能なあけびの栄養と効能についてご紹介します。

ビタミンCはみかんの2倍! - コラーゲンの生成を助けて美肌作り

あけびにはビタミンCが豊富に含まれています。その量はみかんの2倍もの量になります。

ビタミンCは、紫外線によってできた黒色メラニンを目立たなくしたり、コラーゲンの生成を助けて肌に張りを与えたりといった美肌効果が期待できます。

また、ビタミンCには、抗酸化作用があり体内の活性酸素を除去する効能が、心筋梗塞などの生活習慣病に有効です。

食物繊維もたっぷり - 腸内環境の改善、生活習慣病の予防

あけびには、果肉と果皮のどちらにも食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、コレステロールを体外に排出する効能があり、生活習慣病予防に有効です。

また善玉菌を増やして腸内環境を整え腸内の掃除をしてくれるため、便秘解消に効果が期待できます。

糖質が豊富に含まれる - 疲労回復、体力低下を助ける効能

あけびは、糖質が豊富で水分が少ないのが特徴です。糖質の量はメロンに比べると2倍の量になるそうです。

糖質は、病中の体力の衰えを助けたり、エネルギーになるため疲労回復の効能があります。

糖質は、食べ過ぎると太りやすいですが、適度な量の摂取であれば問題ありません。

果皮に多いアントシアニン - 目の健康を維持する効能

あけびの果皮にはアントシアニンが豊富に含まれます。

アントシアニンは、あけびの果皮に含まれる色素成分で、網膜の中にあるロドプシンという物質の生成を助けることから、かすみ目や目の疲れ、視力の低下を防ぐ効能があります。

また、アントシアニンにも抗酸化作用があり、細胞の老化を防いでアンチエイジングにも効果があります。

あけびのツルにはミネラルが豊富

あけびのツルを乾燥させたものは「木通(もくつう)」と呼ばれる生薬として利用されています。木通は煎じて、膀胱炎や鎮痛薬、血行改善に利用されています。

ナトリウムを体外に排出するカリウムを含み、高血圧予防やむくみを解消する効能があります。

また、サポニン脂質を溶かす性質があるため、コレステロール値を下げたり、肥満や動脈硬化を防ぐ効能が期待できます。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク