食品・食材果物 一覧アサイー効果効能
アサイーacai

アサイーの効果は? アサイーのハンパない効果と効能6選

アサイーの効果と効能

最近なにかとブームになっているアサイー。

元はブラジルのサーファーの間で話題となり、その後「サンバゾン」という会社が米国やハワイにアサイーを広め、セレブや有名人などの口コミによりブームとなったのがきっかけです。

なにかと話題の多いアサイーですが、その正体は何なのでしょうか?また、アサイーにはどんな栄養効果があるのでしょうか?

今回はそんなアサイーについて、そもそもアサイーとは何なのか、アサイーの効果、効能にはどのようなものがあるのかを詳しくご紹介していきます。

そもそもアサイーとは? アサイーの正体について

そもそも、アサイーとは何なのでしょうか?

アサイーは、ブラジルのアマゾンが原産のヤシ科の植物です。熱帯雨林の厳しい環境の中で約1年かけて育ちます。

外見はブルーベリーに似ていますが、ベリー類とは植物学的に異なります。

アサイーは豊富な栄養価が特徴で、必須脂肪酸、アミノ酸食物繊維ビタミンAビタミンEポリフェノール鉄分、リン、マグネシウム亜鉛などが豊富に、バランスよく配合されています。

これら豊富な栄養価と優れた効能から、アスリートや健康志向の人々にも親しまれ、「ミラクルフルーツ」、「ブラジルの奇跡」などとも呼ばれています。

アサイーのポリフェノールは赤ワインの30倍! アンチエイジング効果

アサイーには、ポリフェノールが非常に多く含まれています。

アサイーに含まれているポリフェノールは、なんと、ココアの4.5倍、ブルーベリーの18倍、赤ワインの30倍にもなります。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジング免疫力を高める効果、がん予防などの効能が期待できます。

鉄分はほうれん草の2倍も! 貧血を予防する効果

アサイーには鉄分も非常に多く含まれています。

その量はなんと、ほうれん草の2倍!これも驚きですね。

鉄分は、ヘモグロビンの構成成分となり、貧血を予防する効果があります。

アサイーは食物繊維も豊富! 腸内環境を整える効果 便秘の改善にも

アサイーには食物繊維も多く含まれています。

食物繊維には、腸の働きを刺激して、腸内環境を整える効果があります。

そのため、便秘の予防や改善にも効果的です。

カルシウムは牛乳の3倍も! 骨や歯を健康に保つ効果

アサイーには牛乳の約3倍ものカルシウムが含まれています。

カルシウムにはご存じのとおり、骨や歯を健康に保つ効果があります。

また、アサイーにはマグネシウムも多く含まれており、マグネシウムも骨の形成には欠かせない栄養素です。

カリウムはバナナの約2.8倍! 高血圧の予防&むくみを解消する効果

アサイーにはバナナの約2.8倍ものカリウムが含まれています。

カリウムには、ナトリウム(塩分)の排泄を促す効能があり、高血圧の予防やむくみの解消に効果的です。

オレイン酸も含まれる - コレステロールの上昇を抑える効果

アサイーにはオレイン酸も豊富に含まれています。

オレイン酸とは、不飽和脂肪酸の一種で、血中のコレステロールの上昇を抑える効能があります。

オレイン酸は人体では合成できない栄養素なので、アサイーから手軽に摂れるのは嬉しいですね。

アサイー まとめ

以上がアサイーの主な効果と効能についてです。

いかがだったでしょうか?それにしても、アサイーはとんでもないフルーツですね。

アサイーになぜこれほどまでの効果や効能があるのか分かりませんが、要因の一つとしては育った環境ではないかと思います。

アサイーはアマゾンの熱帯雨林に自生しています。アマゾンの熱帯雨林は、赤道に近く、強い直射日光と大量に降り続く激しい雨という非常に過酷な環境です。

こうした厳しい環境の中で生き残るために、必然的に栄養を蓄えていったのではないでしょうか。

それにしても、この栄養価を見るとブームになるのも頷けますね。とても美味しい果物ですので、まだ食べたことのない方は、ぜひ試してみて下さい。

関連コンテンツ

アサイーの効果・効能 関連記事

このページを
シェア/ブックマーク