食品・食材魚・魚介類 一覧たらこ栄養効能
たらこcod-roe

ご飯にピッタリ! たらこの栄養と効果をご紹介

たらこの栄養と効能

たらこは、ぷちぷちとした食感と特有の旨みが人気の海の幸です。

たらこは、主にスケトウダラというたらの卵を塩漬けにしたもので、「たらの子」という意味そのままの名前がつけられています。

ご飯のお友や酒のつまみとして食べるのはもちろん、パスタなどの料理にアレンジするなど、さまざまな調理法で愛されていますね。

今回は、たらこに含まれている栄養とカラダにもたらす効果についてご紹介していきましょう。

タンパク質を多く含む - 体組織を作るために欠かせない栄養

たらこには、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は、体のありとあらゆる臓器を作るために必要な主要栄養素のひとつ。毎日適量のタンパク質を取ることで、健康で丈夫な体を作ることができます。

特に成長期の子どもは、不足しないように食事管理を行うことが大切です。

たらこにはビタミンB1もたっぷり! 炭水化物の代謝に必要な栄養

たらこを食べると、ビタミンB1をたっぷり摂取ことができます。

ビタミンB1は、体内で炭水化物を糖に代謝する上で欠かせない栄養です。

特にご飯やパン・めん類などの炭水化物を好む方は、消化不良にならないためにビタミンB1を多く摂ると効果的です。

また、ビタミンB1には脳や神経の機能を維持する効果もあるので、不足するとめまいや手足のしびれが起きることも。積極的な摂取がおすすめです。

ビタミンE も豊富 - アンチエイジング効果の高い栄養

たらこには、ビタミンEも豊富に含まれていることをご存じでしょうか?

ビタミンEは優れた抗酸化作用を持つことで知られる脂溶性のビタミンで、アンチエイジング効果の高さに注目が集まっています。

健康的な若々しさを保つためにも、ビタミンEを適度に摂ることは大切です。

さらに血行を促進する効果もあるので、血行不良による冷え性などでお悩みの方にもおすすめです。

たらこにはカリウムも - むくみ解消や足のけいれん解消に効果

たらこには、カリウムも含まれています。

カリウムは、体内の水分保持量を適切に保つために必要な栄養で、むくみが気になる人におすすめです。

特に、塩分過多になりやすい食生活を送っている方は、意識してカリウムを摂るようにしましょう。

また、足がつりやすい人もカリウム不足の可能性があるため、積極的に摂るようにしましょう。

タウリンも含有 - 肝臓の機能をサポートする栄養

たらこには、タウリンも含まれています。

最近では栄養ドリンクにも主な成分として含まれていることでも有名な成分、タウリン。

肝臓の機能をサポートする効果があるため、お酒をたくさん飲む方には積極的に摂ってほしい栄養と言えます。

また、タウリンには血圧を下げる効果もあることから、高血圧が心配な方にもおすすめです。

見た目もそっくり!たらこと明太子の違いとは?

たらこと明太子は、おなじスケトウダラの卵であることに違いはありません。

しかし、調味の方法に違いがあります。塩漬けにしたものをたらこ、唐辛子を使った調味料で熟成したものを明太子と呼んでいます。

同じ原材料でも、味付けによって呼び方が変わるというのは興味深いですね。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク