食品・食材魚・魚介類 一覧栄養効果
salmon

日本人は鮭好き?鮭の栄養と効果について

鮭の栄養と効果

世界の漁獲量の3分の1を日本で消費するという鮭。

焼き魚はもちろん、おにぎりやお弁当、お寿司にも使われる万能な魚です。卵としてはいくらやすじこも有名ですね。

今回は、そんな日本人が大好きな鮭について。その栄養と効果を詳しく解説していきます。

アスタキサンチンが豊富 - がんや動脈硬化予防

まず、鮭で注目すべき栄養素はアスタキサンチンです。

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持ち、がんや動脈硬化を予防する効果があります。

ちなみに、鮭は白身魚です。鮭の身が赤い色をしているのは、アスタキサンチンの色素によるものです。

ビタミンDも豊富 - 骨を健康に維持する効果

鮭にはビタミンDも豊富に含まれています。

ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を促す栄養素です。

カルシウムやリンの吸収を促すことで、骨を健康に維持したり、強くしたりする効果があります。

DHA、EPAも意外に多い!動脈硬化や高血圧、認知症の予防など

鮭はDHAEPAといった栄養素も含んでいます。

通常、DHAやEPAはイワシ鯖(サバ)などの青魚に多く含まれる栄養素なのですが、鮭にも意外と多く含まれています。

DHAやEPAは動脈硬化や高血圧、認知症の予防、ストレスの緩和、視覚機能の改善、関節痛の緩和など数多くの効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク